【News】Dream Theaterが新曲「The Alien」のMVを公開!ニューアルバム『A View From The Top Of The World』は2021年10月22日リリース!ジャパン・エディション仕様も発表に!

こんにちは、ギタリストの関口です。

スポンサーリンク

アメリカのプログレッシブ・メタルバンド、Dream Theaterの最新アルバム『A View From The Top Of The World』が2021年10月22日にリリースされます!

バンド概要


2010年以降、James Labrie(Vo)、John Petrucci(Gt)、John Myung(Ba)、Jordan Rudess(Key)、Mike Mangini(Dr)というメンバーで活動を続けているDream Theater

マンジーニが加入してから今年で11年、このメンバーでの活動も一層盤石になっていきた印象を受けます。

2011年『A Dramatic Turn Of Events』は、活動に不安を覚えるファンに対して継続を約束する手堅いアルバム。2013年『Dream Theater』は、この5人で何ができるかを模索した新たなDream Theater像の追求ということでライブ向きなナンバーも登場しました。

2016年『The Astonishing』では、バンド初の超本格ロック・オペラへ着手。緻密に練られたストーリーとラブリエの表現力に全集中した異色の一枚となりましたが、時を経て高い評価を得ています。

そして2019年の『Distance Over Time』。コンパクトにまとめあげた楽曲からは若き頃の贅肉を感じさせない、ある意味で大人、それでいて無邪気なプログレッシブ・メタルを堪能できます。

新曲「The Alien」


そして先行シングル第一弾としてリリースされた「The Alien」はアルバムのオープニングを飾る重要ナンバー。そのポイントは最もDream Theaterらしいアイコン的な楽曲で9分半というサイズに加え、過去の「Untethered Angel」、「The Enemy Inside」に続く超過激メタルナンバーです。

イントロから、5拍のリフ・パターンを巧みに変化させながらキーボードが加わったり『Awake』の頃のような攻撃的ミュートで畳み掛ける展開を披露。さらに叙情的なパートへと続き『Distance Over Tiime』からの発展を感じさせます。歌全般は上記の2曲に比べるとキャッチーとは言い難いものの、スルメな感じにはなってくれそうです。

4:40秒ごろから長めに取られたインスト・パートでは、ひたすら気の抜けないユニゾンを抜けペトルーシのソロ・パートへ。バック・トラックやマンジーニのフィルともマッチさせた楽器演者向けのアグレッシブな出来栄え。これからアルバムの全体像が見えるとより意味を持ってくるかもしれません。

ギタリストのペトルーシは「この曲は一番最初に書いた曲なんだ。それは冒険であり、非伝統的な構造をしていて、ヘヴィでフックがある。だからここにアルバムのトーンを設定しようと決めたのさ」と語ります。続けて「歌詞はジェイムズ(・ラブリエ)が書いたんだ。テラフォーミングと地球の向こう側で別の集落を探すというアイディアだよ。そしてこの曲で僕たちはこれまでの“僕たちの惑星”と言ったものを超えている。だから“エイリアン”は僕たちのことだね」とコメントしました。

ジャパン・エディション


そして今回、日本盤の仕様も発表。毎度豪華になっていく仕様に今回も注目ですがそれが以下の内容。

「ジャパン・リミテッド・エディション」 [日本独自企画・完全生産限定盤]

  • 5.1サラウンド・ミックス+制作ドキュメンタリー映像(Blu-ray)
  • 高品質Blu-spec CD2仕様
  • 歌詞・対訳・解説付
  • 日本語字幕付
  • デジパック仕様

「通常盤」

  • 高品質Blu-spec CD2仕様
  • 歌詞・対訳・解説付
  • 初回のみデジパック仕様

「輸入盤」

  • 「デラックス・ボックス・セット」(2CD+Blu-ray+2LP+アートブック、スリップマット、ニット帽、キーチェイン、アートカード、ポスター、証明書入り)
  • 「アートブック仕様]」(2CD+Blu-ray)
  • 「日本制作“帯”付アナログLP」(Black 2LP+CD)

とりあえず聴きながら色々読みたいという人にはジャパン・エディションがうってつけですが、案外輸入盤ボックスも捨てがたいです。何より音源以外の販促が旨味すぎて歌詞の対訳やライナーよりもファンとしてはそっちにいってしまいますね。LPが付いてるのでここが不要という方も多いと思いますが、今回ジャケット・アートがとても魅力的なデザインなので飾れるという特典もあると思います。

ニューアルバム『A View From The Top Of The World』は2021年10月22日リリースとなります。

収録曲

  1. The Alien (9:32)
  2. Answering The Call (7:35)
  3. Invisible Monster (6:31)
  4. Sleeping Giant (10:05)
  5. Transcending Time (6:25)
  6. Awaken The Master (9:47)
  7. A View From The Top Of The World (20:24)

関口竜太

東京都出身。 ​14歳でギターを始め、高校卒業と同時にプロギタリスト山口和也氏に師事。ロックやメタルに加え、ブルース、ファンク、ジャズなど幅広い演奏や音楽理論を学ぶ。 プログレッシブロック/メタルの大ファン。自身が企画するプログレッシブ・ロックプロジェクト「Mind Over Matter」を展開中。

おすすめ

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。