【News】Leprousが新曲「Running Low」のMVを公開!ニューアルバム『Aphelion』は2021年8月27日にリリース!

こんにちは、ギタリストの関口です。

スポンサーリンク

ノルウェーのプログレッシブ・メタルバンドLeprousが2021年8月27日にニューアルバム『Aphelion』をリリースします。

そのうち、新たにアルバムへ収録される新曲「Running Low」のMVがこの度公開されましたので本日はそちらを見ていきましょう!

バンド概要


ノルウェー西部の町ノトデンで2001年、キーボードボーカルであるEinar Solberg(アイナール・スールベルグ)とギタリストTor Oddmund Suhrke(トル・オッドマンド・シュルケ)によって結成されたプログレッシブ・メタルバンド。

2009年に1stアルバム『Tall Poppy Syndrome』でデビューを果たすまでにバンドの個性を固めていきますが、一方で、同じくノルウェーのブラックメタルバンドEmperorのフロントマンで知られるIhsahn(イーサーン)はアイナールの義理の弟ということもあり、そのEmperorのバックバンドに参加したことでLeprousの名は知れ渡っていくこととなります。

2011年にプログレ・レーベルの名門InsideOut Musicへ移籍してから、よりその人気に拍車をかけ、ヨーロッパ、アメリカの関連フェスにも多数出演。2019年リリースの最新作『Pitfalls』はメタル業界、プログレ業界共に注目され、現在同ジャンルのファンからも一目置かれる厚い支持を得ています。

新曲「Running Low」


Leprousといえばボーカルのアイナールの存在感が全てを物語っていますが、一方でリリカルな楽曲や静と動、緩急のジェットコースターでリスナーを一気に引き込む圧倒的説得力も魅力となっているわけです。

その中で、今回の新曲はなかなか趣深いところがあり、2015年リリースの『The Congregation』や2019年の『Pitfalls』のようにヘヴィなバンド感というものが若干控えめとも思います。どちらかといえばもっと芸術路線へ舵を切るのか、オーケストラとの親和性も計算に入れ、以前よりも繊細な音楽へ前進している感じがしますね。

アイナールはこの新曲について「常に新しい領域を探求したい」「新旧双方のファンに届き、両者を結びつける曲になると信じてるよ」とコメント。個人的にはもっと激し目なの希望なのですが年々耳が肥えるリスナーと共に大人になっていくLeprousにも期待しています。

ニューアルバム『Aphelion』は2021年8月27日にリリース!ジュエルケースによる通常盤CDとデジタルアルバムの他、2LP+CD仕様にブックレットが付属した限定盤も登場。こちらでは2021年のライブから2曲収録予定ということでファンはマストとなっています!

プレオーダーはこちらから▼

https://leprousband.lnk.to/Aphelion

収録曲

  1. Running Low
  2. Out Of Here
  3. Silhouette
  4. All The Moments
  5. Have You Ever?
  6. The Silent Revelation
  7. The Shadow Side
  8. On Hold
  9. Castaway Angels
  10. Nighttime Disguise
  11. A Prophecy To Trust (Live 2021)*
  12. Acquired Taste (Live 2021)*

*は限定盤ボーナストラック

関口竜太

東京都出身。 ​14歳でギターを始め、高校卒業と同時にプロギタリスト山口和也氏に師事。ロックやメタルに加え、ブルース、ファンク、ジャズなど幅広い演奏や音楽理論を学ぶ。 プログレッシブロック/メタルの大ファン。自身が企画するプログレッシブ・ロックプロジェクト「Mind Over Matter」を展開中。

おすすめ

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。