【News】Pink Floydのトリビュート・アルバム『Still Wish You Were Here』の発売が決定!Yes, Genesis, Deep Purple, King Crimson, Dream Theaterのメンバーが参加!

こんにちは、ギタリストの関口です。

スポンサーリンク

Pink Floydが1975年にリリースした名盤『Wish You Were Here』。かつてのバンド・リーダーであり1968年に薬物中毒によりバンドを去ったSyd Barretteへ向けた音楽的直情型のこのアルバムは、全世界で2200万枚のセールスを記録し、20世紀で最も偉大なロック・アルバムの一つに数えられています。


炎~あなたがここにいてほしい(完全生産限定盤)(紙ジャケット仕様)

ジャケットのイメージは男性二人が握手を交わしており、うち一方から炎が上がっているものですが、フロイド50周年記念で復刻したこちらのバージョンでは握手の部分がアイコンとなりジャケットに使われていますね。しかし、このジャケットが今回大きな意味を持ちます。

それがこちら!

2021年5月28日に、この『Wish You Were Here』のトリビュート・アルバムがリリースされることが決定しました。

『Still Wish You Were Here』と題されたこちらのアルバムには、YesのキーボーディストRick Wakeman、ベースにTony LevinやBilly Sheehan、Deep PurpleのドラマーIan Paice、ギタリストにSteve HackettやJoe Satoriani、ボーカルはDream TheaterのJames LaBrieや元QueensrÿcheのGeoff Tateが参加。さらにTodd Rundgren、Boosty Collins、Rat Scabies、Jah Wobbleなどなど、プログレッシブ・ロックのみならずファンク、パンク、サイケデリックからも続々ミュージシャンが集結しています。

各種ストリーミング・サービスでも配信されますが、フィジカルでは6パネルのデジパックとなっているらしく、豪華な仕様となることは間違いなさそうです。

アルバムのプレオーダーなどはこちらへどうぞ▼
https://orcd.co/still_wish_you_were

収録曲と参加ミュージシャン

  1. Shine On You Crazy Diamond (Parts 1-5)
    Geoff Tate, Steve Hackett, Billy Sheehan, Mel Collins, Geoff Downes, Ian Paice
  2. Welcome To The Machine
    Todd Rundgren, Rick Wakeman, Tony Levin
  3. Have A Cigar
    James LaBrie, Steve Stevens, Patrick Moraz, Rat Scabies, Jah Wobble
  4. Wish You Were Here
    Rik Emmett, Joe Satriani, Edgar Froese, David Ellefson, Carmine Appice
  5. Shine On You Crazy Diamond (Parts 6-9)
    Rod Argent, Steve Hillage, Ian Paice, Bootsy Collins

関口竜太

東京都出身。 ​14歳でギターを始め、高校卒業と同時にプロギタリスト山口和也氏に師事。ロックやメタルに加え、ブルース、ファンク、ジャズなど幅広い演奏や音楽理論を学ぶ。 プログレッシブロック/メタルの大ファン。自身が企画するプログレッシブ・ロックプロジェクト「Mind Over Matter」を展開中。

おすすめ

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。