米The Prog Reportが行なったアンケート結果発表!今人気のSteven WilsonソングTOP20!

こんにちは、ギタリストの関口です。

スポンサーリンク

先日、アメリカのプログレ情報サイトThe Prog Reportが行なった『あなたが選ぶSteven Wilsonの曲TOP3』というアンケートの結果、『人気のSteven Wilson曲TOP20』が発表されたので見ていこうと思います。

まずは20位から11位までです!

20-11


20位:Perfect Life

19位:Hand Cannot Erase

18位:My Book of Regrets

17位:Raider II

16位:Postcard

15位:Nowhere Now

14位:Personal Shopper

13位:The Holy Drinker

12位:Harmony Korine

11位:Pariah

ここまでで、スティーヴンの中でも人気の楽曲がちらほら見えます。基本的にはアルバムのキーソングが締めているようにも見えますが、中には2011年リリースの『Grace for Drowing』に収録された「Raider II」のような長尺ナンバーも入っていますね。

14位には最新作『The Future Bites』から「Personal Shopper」もランクイン。スティーヴンの作品群では異質な存在である新作ですが、こうして並べてみるとまごうことなきSteven Wilsonの世界の一部になっている感じがします。

さて、ここから10位から4位へと行きたいところですが、なんと8位より上は全て2013年リリースの『The Raven That Refused to Sing』と2015年リリースの『Hand. Cannot. Erase.』の二強によるデッドヒートなので、まずは10位と9位の発表です。

10,9


10位:Happy Returns

そんな『Hand. Cannot. Erase.』から「Happy Returns」が10位にランクイン。今回このアルバムからは本当に多くの曲が選ばれているので、まさに名盤とにふさわしい一枚ですね。曲は12弦ギターにスティーヴンのメロディアスなハミングが美しいアコースティック・バラードです。

9位:Deform to form A Star

TOP10の中で唯一、上記の2作品以外からランクインしたのが、2011年作『Grace for Drowing』に収録された「Deform to from A Star」。「Raider II」、「Postcard」に並んで本作からは3曲が選ばれています。ベースにはTony Levin、ギタリストMike Outramによる繊細なソロの下、ブリティッシュな雰囲気を堪能できるバラードソングです。

では衝撃のランキング上位がこちら。一気に1位まで見てみます!

8-1


8位:3 Years Older

7位:Luminol

6位:Home Invasion/Regret #9

5位:The Watchmaker

4位:Ancestral

3位:Drive Home

2位:Routine

1位:The Raven That Refused to Sing

ということで『人気のSteven Wilson曲TOP20』、第1位は『The Raven That Refused to Sing』に収録されたタイトルナンバー「The Raven That Refused to Sing」。ピアノをベースとしながら後半に連れ一気に盛り上がりを見せる、スティーヴン流のシンフォニック・ロック。何をやらせても一級品ですが特に芸術点の高いこのナンバーが1位に選ばれました。

他に、同アルバムで8位までランクインしたのは3位の「Drive Home」、5位の「The Watchmaker」、7位の「Luminol」。このアルバムではギタリストにGuthrie Govanが起用され、哀愁たっぷりかつメロディアスな楽曲の全編でテクニカルなギターを響かせています。ガスリーのギターを聴きたい方にもオススメできる一枚ですね。

そして2位の「Routine」をはじめ、「Ancestral」、「Home Invasion / Regret #9」(この曲はアルバムでは2トラックに分けて収録)、「3 Years Older」と、上位でも存在感を発揮した『Hand. Cannot. Erase』。家族や友人がいるのに、アパートの一室で孤独死して3年もの間発見されなかった女性の実話を元にしたミステリー・コンセプト・アルバムで、以前、同サイトで2010年〜2019年までの10年間を統計したランキングではこの作品が1位、『The Raven〜』が2位という結果でした。

今回は『The Raven〜』に首位を取られましたが、相変わらず盤石なこの2作品の人気を再度確認できたというのが率直な感想ですね。どのアルバムからも等しくランクインしている節もあるので、スティーヴン自体の人気も再確認です。

以上、米The Prog Reportが行なったアンケートとその結果となる『人気のSteven Wilson曲TOP20』でした。なお、The Prog Reportが今回のランキング結果をSpotifyにてプレイリストにしてくれたようなのでチェックです!

関口竜太

東京都出身。 ​14歳でギターを始め、高校卒業と同時にプロギタリスト山口和也氏に師事。ロックやメタルに加え、ブルース、ファンク、ジャズなど幅広い演奏や音楽理論を学ぶ。 プログレッシブロック/メタルの大ファン。自身が企画するプログレッシブ・ロックプロジェクト「Mind Over Matter」を展開中。

おすすめ

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。