Frost*がニューアルバム『Day and Age』を2021年5月14日にリリースすることが決定!

こんにちは、ギタリストの関口です。

スポンサーリンク

イギリスでスーパーグループというカテゴリーを代表するプログレッシブ・ロックバンド、Frost*が2021年5月14日にニューアルバム『Day and Age』をリリースすることがこの度発表されました!

バンド概要


Frost*(フロスト)は、作曲家・音楽プロデューサーであるJem Godfreyが中心となり2004年に結成されたニューエイジなプログレッシブ・ロック・グループ。

メンバーにはArenaやKinoで活躍するギタリストのJohn Mitchell、IQのドラマーAndy Edwards、同じくIQのベーシストJohn Jowitt、そしてギタリストのJohn Boyesが招集されており(多少の変遷あり)、活動は不定期ながら根気強くアルバムをリリース。現在でも非常に人気の高いバンドとなっています。

2016年には新たにIt BitesのNathan King、PendragonのCraig Blundellと言ったいずれもイギリスのネオプログレッシブ・ロックの大ベテランたちが参加し、3rdアルバム『Falling Satellites』をリリースします。

2020年にはそんな3rdアルバムでの未収録音源をまとめたEP『Others』と、ここまで彼らの13年の足取りをまとめたアンソロジーアートブック『13 Winters』が発売されるなどよりアクティブさが伺えます。

ニューアルバム『Day and Age』


ニューアルバムのリリースについて、リーダーであるジェムはこのように述べています。

「2020年はその明らかな理由からスタジオの年になった。結果、2021年は新しい音楽のための大きな年になると思う。その波に乗って、みんなにとってもより良い年になることを願っているよ。」

昨年リリースの『Others』はFrost*の中でもデジタルな音色やアレンジが全面に押し出された作品になりました。スタジオ作業が徹底されていたとは言え、バンドサウンドやもっと王道なプログレッシブ・ロックが恋しくなってくる昨今ですのでそこに期待したいです。

なお、まだ新曲の先行配信は行われていませんが、アルバム自体は2019年から2020年にかけてすでに録音されています。

  1. Day And Age (11:49)
  2. Terrestrial (5:13)
  3. Waiting For The Lie (4:31)
  4. The Boy Who Stood Still (7:33)
  5. Island Life (4:14)
  6. Skywards (4:13)
  7. Kill The Orchestra (9:27)
  8. Repeat To Fade (6:14)

ジェム、ミッチェル、ネイサンの3人に、さらにChaka KhanやJosh Grobanのサポートで活躍するKaz Rodriguez、The DarknessのDarby Todd、そしてKing Crimson(ヌーヴォ・メタル期)を支えたPat Mastelottoと3人のドラマーがゲスト参加しています。

アルバムにはアルマゲドンやハリー・ポッターシリーズなど、ハリウッド映画で名脇役を放つ俳優Jason Isaacs(ジェイソン・アイザックス)も参加しているそうです。

アートワークはSteven WilsonやMarillionも担当したことのあるCarl Glover氏によるもの。下からの構図が『Others』を再び想起させますね。

ニューアルバム『Day and Age』は2021年5月14日にリリース。インストゥルメンタルのボーナスディスクを含む2枚組リミテッド・エディション、2LPとCDがセットになったヴァージョン、そしてデジタル配信の3パターンのプラットフォームが用意されます。

バンドの最新情報は公式ウェブサイトからどうぞ▼

https://frost.life/

関口竜太

東京都出身。 ​14歳でギターを始め、高校卒業と同時にプロギタリスト山口和也氏に師事。ロックやメタルに加え、ブルース、ファンク、ジャズなど幅広い演奏や音楽理論を学ぶ。 プログレッシブロック/メタルの大ファン。自身が企画するプログレッシブ・ロックプロジェクト「Mind Over Matter」を展開中。

おすすめ

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。