【News】Liquid Tension Experimentが2021年春にニューアルバムをリリースすることが決定!ティーザー映像も公開!

こんにちは、ギタリストの関口です。

スポンサーリンク

先日アメリカのスーパーグループLiquid Tension Experimentが復活したというお話をしましたが、新たに正式なアルバムの告知とティーザー映像が公開されました。

バンド概要


Liquid Tension Experiment(リキッド・テンション・エクスペリメント)は、アメリカのプログレッシブ・メタルバンド。

速弾きを主体にしたヘヴィメタル専門レーベルMagna Carta Recordsの創設者Mike Varneyの発案でプログレッシブ・メタルのインストゥルメンタル、スーパーグループとして1997年に結成。

ドラマーはMike Portnoy、ギターはJohn Petrucci、ベース/チョップマンスティックにはTony Levin、キーボードはJordan Rudessという、人気・実力・ケミストリーすべてが揃った「夢」のインストバンドとなります。

2008年の再結成ツアー以降、長らくその活動は沈黙していましたが、2019年に行われたプログレッシブ・ロックの音楽祭Cruise To The Edgeにて、ジョーダンとポートノイがDream TheaterのインストナンバーやLTEの楽曲を組み合わせた「Instrumedley」を披露。

今年2020年にはペトルーシの2ndアルバム『Terminal Velocity』にてドラムにポートノイが参加するなど、一時期Dream Theater内に流れていたきな臭さがようやく払拭され、メンバーの口から再びファンを喜ばせたいというような発言がされてきました。

最新ティーザー映像


最新アルバムの名前は動画のタイトルからおそらく『LTE3』になるのではないかと予想。

「長いこと待ち続けたLTEのサウンドが帰ってきた」、そう言って差し支えないほどの興奮を覚える55秒です。

LTE自体は先述のMagna Carta Recordsから2枚のアルバムが出ていますが、本作はプログレッシブ・ロックの名門InsideOut Music

Dream TheaterやHaken、Devin TownsendやFrost*など、挙げればキリがないほどの有名バンドを抱えるプログレ音楽の最前線レーベルです。

InsideOut MusicのレーベルマネージャーThomas Waberは、「地球上で最も才能のある4人のミュージシャンを同じ一つの部屋に入れるとどうなるか、私たちはみんな長い間このアルバムが出るのを待っていました。ファンのため、このアルバムをリリースできることを誇りにしています」と述べ、レーベルからの期待も十分。

このトーマスとペトルーシやポートノイとが良好な関係だったことが再結成、そしてアルバムリリースの決め手となったと思われます。

最新アルバム『LTE3(仮)』は2021年春にリリース予定。20年前と違い、今は新曲が先行で配信されていく時代ですのでリリースまでの期間もワクワクしながらすごすことができそうです。

関口竜太

東京都出身。 ​14歳でギターを始め、高校卒業と同時にプロギタリスト山口和也氏に師事。ロックやメタルに加え、ブルース、ファンク、ジャズなど幅広い演奏や音楽理論を学ぶ。 プログレッシブロック/メタルの大ファン。自身が企画するプログレッシブ・ロックプロジェクト「Mind Over Matter」を展開中。

おすすめ

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。