【News】Wheelがニューアルバム『Resident Human』を2021年3月26日にリリース!ニューシングル「Movement」もMVが公開!

こんにちは、ギタリストの関口です。

フィンランドのプログレッシブ・メタルバンドWheelが2021年3月26日にニューアルバム『Resident Human』をリリースすることを発表しました!

バンド概要


Wheel(ホイール)は、2015年にフィンランドのヘルシンキで結成されたプログレッシブ・メタルバンド。

メンバーはギターボーカルのJames Lascellesを中心に、ベースMikko Määttä、ドラムSanteri Saksala、そしてリードギターSaku Mattilaの4人組。結成から4年の活動と数枚のEPをリリースし、2019年に念願のデビューを果たします。

ダウンチューニングを多用し重厚でパワーのあるサウンドが特徴。1stアルバム『Moving Backwards』では、CreedやAlice In Chains、のようなヘヴィメタル、グランジ、オルタナなどの要素を詰め込み、変則的なリズムと長尺楽曲によるプログレッシブ・メタルへと仕上げています。

新曲「Movement」


今月に入って先行で配信された新曲「Movement」

メンバーの愛するポリリズム的概念は1stから引き継ぎ、当時は粗暴だったボーカルも繊細さと凶暴性をコントロールする、技術面での変化が見られます。

楽曲は今年5月、アメリカで白人警官が黒人男性George Floydさんを拘束、その際の拘束方法が不適切だったため当人が窒息死してしまったという痛ましい事件をテーマにしています。この問題は近年、特にアメリカで社会問題になっている上、未だ国内での黒人差別が残っている現状を再び呼び起こさせました。

MVでは暴力的な表現が使われ、これが歌詞のテーマとリンクしてしまうのでそれに関しては賛否があるようです。ですが、例えばテーマとは関係ない場面でこのような映像が使われたならさほど言われないだろうし、またSlayerやMetallicaが似たようなものを作っても批判は少ないと個人的には思います。

なら批判も覚悟でそこにあえて深く切り込んでいくWheelは表現者としては正しいとも取れると思います。

ニューアルバム『Resident Human』は2021年3月26日にリリース!まだもう少し先ですがプレオーダーなどリンクを下に貼っておきます。

https://wheel.lnk.to/ResidentHuman

関口竜太

東京都出身。 ​14歳でギターを始め、高校卒業と同時にプロギタリスト山口和也氏に師事。ロックやメタルに加え、ブルース、ファンク、ジャズなど幅広い演奏や音楽理論を学ぶ。 プログレッシブロック/メタルの大ファン。自身が企画するプログレッシブ・ロックプロジェクト「Mind Over Matter」を展開中。

おすすめ

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。