Leprousが新曲「Castaway Angels」を配信!トンデモハイトーンによるスーパーバラードに震える!!

こんにちは、ギタリストの関口です。

スポンサーリンク

ノルウェーのプログレッシブ・メタルバンドLeprousが新曲「Castaway Angles」の配信を開始しました!

バンド概要


Leprous(レプラス)はノルウェーの西、国内最大の樽板教会ヘッダール・スターヴ教会やヨーロッパでも指折りのブルース・フェスティバルが行われているノトデンで2001年、キーボードボーカルであるEinar Solberg(エイナル・ソルベリ)とギタリストTor Oddmund Suhrke(トル・オッドマンド・シュルケ)によって結成されたプログレッシブ・メタルバンド。

2011年にプログレレーベルの名門InsideOutへ移籍してから、よりその人気に拍車をかけ、ヨーロッパ、アメリカの関連フェスにも多数出演。2019年リリースの最新作『Pitfalls』はメタル業界、プログレ業界共に注目され、現在同ジャンルのファンからも一目置かれる厚い支持を得ています。

新曲「Castaway Angles」


12月4日に公開されたこの「Castaway Angles」ですが、基本はエイナルの特徴的なボーカルをフィーチャーしたバラードソング。

開始1:40ほどまでアコースティックギターとボーカルを軸に置いた静かな導入ですが、ピアノ、エレキ、ドラム、ベースと順に入っていくと徐々に曲が盛り上がっていき、最終的に壮大な大バラードへと展開しています。

曲の最初と最後ではまるでボレロのようなボリュームの変化にただただ圧倒されますし、Leprousの強みであるエイナルのハイトーンボーカルをここでも生かす、新たな名曲が誕生した瞬間です。

この新曲に紐づいてすぐにアルバムが予定されているとかではないのですが、新型コロナウイルスの影響でツアーが中止になり今もって自粛に晒され続けるヨーロッパの現状も考えた上で、バンドが新曲を我々に提示してくれたのはとても嬉しいことですね。

関口竜太

東京都出身。ギタリスト、音楽ライター。 ​14歳でギターを始め、高校卒業と同時にプロ・ギタリスト山口和也氏に師事。 ブログ「イメージは燃える朝焼け」、YouTube「せっちんミュージック」、プログレッシヴ・ロック・プロジェクト「Mind Over Matter」を展開中。2021年から『EURO-ROCK PRESS』にてライター業、書籍『PROG MUSIC Disc Guide』にも執筆にて参加。

おすすめ

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。