【News】The Flower Kingsがニューアルバム『Islands』を2020年10月30日にリリースすることが決定!

こんにちは、ギタリストの関口です。

スポンサーリンク

スウェーデンのネオプログレッシブ・ロックバンドThe Flower Kings(TFK)2020年10月30日にニューアルバム『Islands』をリリースすることが決定しました!

island-cover-740x740.jpg

バンド概要


The Flower KingsはギターボーカリストRoine Stoltが中心となって活動するプログレッシブ・ロックバンド。

元はKaipaを脱退したロイネのソロアルバムとして1994年に『The Flower King』がリリース。そこからライブツアーを行なっていくことで後にバンド化したグループです。

70年代のプログレッシブ・ロックや80年代から続くネオプログレッシブ・ロックの古き良きスタイルを継承しつつ、そこで揶揄されがちな「クローン」とは異なるオリジナリティを提示し人気を勝ち取ることとなります。

セカンドギターにはHasse Fröberg、ベーシストにはJonas Reingoldという才能溢れるベテランミュージシャンを従え、さらに前作『Waiting for Miracles』からはキーボードにZach Kamins、ドラムにMirkko DeMaioという若手ミュージシャンも新加入しました。

そんな前作『Waiting for Miracles』のリリースは2019年11月ですので、1年待たずしてニューアルバムリリースということになります。

flower-kings-2020-band

(L to R)Zach Kamins, Hasse Fröberg, Roine Stolt, Mirkko DeMaio, Jonas Reingold

ニューアルバム『Islands』


10月にリリースされる最新作『Islands』は新型コロナウイルス(COVID-19)の影響で当初予定されていたよりもかなり早いリリースとなります。

大方、外出自粛やライブコンサートの中止により制作時間が大幅に得られたというところに行き着くのでしょう。

しかしながら、ロイネこそスウェーデン在住ですが他のメンバーはそれぞれアメリカ、イタリア、オーストリアに居住。今やマルチナショナルバンドとなったTFKは、曰く「ネットの魔法を使って巨大なサイズのアルバムを構築することに成功した」そうです。

例によって2枚組のアルバムとなった最新作はYesやAsiaで有名なRoger Deanのデザインによる幻想的なジャケットが美しく強烈。

人の孤独をテーマに21曲の大作組曲として機能する構築型コンセプトアルバムに仕上がったと話すロイネはさらに、ここにはパンデミックによるロックダウンや外出自粛も少なからず関与しており、それを表現する最も適切な単語こそ「Islands」だったと話します。

ニューアルバムは2020年10月30日にリリース。CDアルバムのみのシンプルな仕様の他、加え3枚組LPとセットになったボックス仕様、デジパック仕様のものもリリース。もちろんダウンロード配信も行われるようです。

アルバム参加メンバー


  • Roine Stolt – Vocal, Ukulele, Guitar, Keyboard
  • Hasse Fröberg – Vocal, Acoustic Guitar
  • Jonas Reingold – Bass, Acoustic Guitar
  • Zach Kamins – Piano, Organ, Synthesizer, Mellotron, Orchestration
  • Mirko DeMaio – Drums, Percussion

ゲストミュージシャン

  • Rob Townsend – Soprano Saxophone

収録楽曲


Disc1

  1. Racing With Blinders On
  2. From The Ground
  3. Black Swan
  4. Morning News
  5. Broken
  6. Goodbye Outrage
  7. Journeyman
  8. Tangerine
  9. Solaris
  10. Heart Of The Valley
  11. Man In A Two Peace Suit

Disc2

  1. All I Need Is Love
  2. A New Species
  3. Northern Lights
  4. Hidden Angles
  5. Serpentine
  6. Looking For Answers
  7. Telescope
  8. Fool’s Gold
  9. Between Hope & Fear
  10. Islands

関口竜太

東京都出身。 ​14歳でギターを始め、高校卒業と同時にプロギタリスト山口和也氏に師事。ロックやメタルに加え、ブルース、ファンク、ジャズなど幅広い演奏や音楽理論を学ぶ。 プログレッシブロック/メタルの大ファン。自身が企画するプログレッシブ・ロックプロジェクト「Mind Over Matter」を展開中。

おすすめ

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。