リリース直前!Pain of Salvationが新曲「Panther」のMVを公開!ニューアルバムは2020年8月28日にリリース!

こんにちは、ギタリストの関口です。

スポンサーリンク

スウェーデンのプログレッシブ・ロック/メタルバンドであるPain of Salvationが2020年8月28日にニューアルバム『Panther』をリリースします。


Panther

様々な音楽からの影響が融合されたシアトリカル(物語性)なアルバムや楽曲構築を持ち、King CrimsonやGentle Giantと言ったプログレッシブ・ロックや、PanteraやRammstein、White Zombieと言ったインダストリアルでモダンなヘヴィメタル両面を受け継いだ、現代ヘヴィプログの代表的バンドです。

2017年リリースの『In The Passing Light Of Day』以来およそ3年ぶりとなるこの新作は、プロデューサーにIn Flames、Mashuggah、Devin Townsendで知られるDaniel Bergstrand氏を迎え、より多角的なアプローチを行なっていくと明言しています。

新曲「Panther」


あと2週間ほどでリリースされるニューアルバム『Panther』中から、おそらく先行配信シングルとしては最後になるタイトルナンバー「Panther」のMVがこの度公開となりました。

これまで発表された2つの新曲を聴いているとデジタライズされた雰囲気というか、これまで以上にシンセサイザーによる奥行きが増したように感じますよね。

この「Panther」もその例に漏れずと言った具合で、ループ的なドラムにボーカルDaniel Gildenlöwのラップが入ったりして割とローハイな感じにまとめている印象です。バラードとしての色合いを持つサビでは結構Steven Wilsonとか比較的近代チックなプログレの様式を今回は採用していますね。

これに関しては本人たちも「多角的」であったり「これまで以上に現代にマッチした内容」とまで言っていて、今年発表された新譜らを見ているとFrost*、Steven Wilson、Lonely Robotなどデジタルなアプローチが気を引く昨今のプログレ界隈なので、Pain of Salvationにもそうした傾向が見られるかもしれません。

一方で、Katatoniaの新譜『City Burials』がこれまで以上に深淵なメタルでテクニカルな内容でしたので多角的を都合よく捉えるならどこかでガツンとメタリックなナンバーが来ることも期待したいと思います。

アルバムは2020年8月28日にリリース。収録曲には13分を超える対策も含まれていますのでこの2020年マストの一枚となりそうです。

『Panther』トラックリスト

  1. Accelerator
  2. Unfuture
  3. Restless Boy
  4. Wait
  5. Keen to Fault
  6. Fur
  7. Panther
  8. Species
  9. Icon

アルバム参加メンバー

  • Daniel Gildenlöw – Lead vocal
  • Johan Hallgren – Guitar, Vocal
  • Léo Margarit  – Drums, Vocal
  • Daniel Karlsson – Keyboard, Guitar, Vocal
  • Gustaf Hielm – Bass, Vocal

関口竜太

東京都出身。 ​14歳でギターを始め、高校卒業と同時にプロギタリスト山口和也氏に師事。ロックやメタルに加え、ブルース、ファンク、ジャズなど幅広い演奏や音楽理論を学ぶ。 プログレッシブロック/メタルの大ファン。自身が企画するプログレッシブ・ロックプロジェクト「Mind Over Matter」を展開中。

おすすめ

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。