【News】Neal Morseが新曲「Seemingly Sincere」のMVを公開!ニューアルバムは2020年9月11日にリリース!

こんにちは、ギタリストの関口です。

スポンサーリンク

アメリカのマルチミュージシャンNeal Morseのソロアルバム『Sola Gratia』が2020年9月11日にリリースされることを受けて、新曲「Seemingly Sincere」が発表されました!

概要


Neal Morseは2002年に神からの啓示を受け、兄弟で活動していたプログレッシブ・ロックバンドSpock’s Beardを脱退。クリスチャン・ミュージシャンとしてソロ活動を開始します。

TransatlanticFlying Colors、そしてこのソロから昇華したThe Neal Morse Bandなど多岐に渡るバンド活動とは別にソロでのアルバムリリースも未だ継続中。

非常にクリエイティビティな人物で、昨年は関連アルバム3枚。ソロアルバムがリリースされるのは2019年リリースの『Jesus Christ the Exorcist』以来1年ぶりです。

新曲「Seemingly Sincere」


ニールからのコメントからは「この曲がアルバムの最後に作られた曲である」こと、「聖ステファノ(キリスト教最初の殉教者)の石碑についての歌が適切だと思った」こと、「当初は長いインストパートは予定していなかったけど、結果的に非常に気にいるワンシーンに仕上がった」ことなどが語られています。

実際、ニールの先行シングルにしては珍しく9分超えた楽曲で、昨今のプログレにおけるデジタルな流れをニールなりに汲んだ結果に思えます。やはりリモートでの制作となったMVもPC画面をモチーフにそれぞれのファイルを開くような演出がなされ曲のイメージともマッチします。

5:00〜は久しくこれが聴きたかったニールもお気に入りのインストパート。Mike Portnoyお得意の派手なドラムソロからプログレッシブなパッションを感じるキーボードソロまで、非常にエキサイトな仕上がりです。

最新作『Sola Gratia』は過去のアルバム『Sola Scriptura』からのインスピレーションも少なからずある作品で、すでにそちらからモチーフの再利用も確認できているので、プログレフリークにはこの秋イチオシに据え置いて欲しいと思います。

Scary man with scythe is the winter snow.

アルバムは2020年9月11日にInside Outよりリリース。プレオーダーもRadiant Record公式ページより開始しています。

収録曲

  1. Preface
  2. Overture
  3. In The Name Of The Lord
  4. Ballyhoo (The Chosen Ones)
  5. March Of The Pharisees
  6. Building A Wall
  7. Sola Intermezzo
  8. Overflow
  9. Warmer Than The Sunshine
  10. Never Change
  11. Seemingly Sincere
  12. The Light On The Road To Damascus
  13. The Glory Of The Lord
  14. Now I Can See/The Great Commission

Radiant Record公式ページはこちら▼

https://nealmorse.com/

関口竜太

東京都出身。 ​14歳でギターを始め、高校卒業と同時にプロギタリスト山口和也氏に師事。ロックやメタルに加え、ブルース、ファンク、ジャズなど幅広い演奏や音楽理論を学ぶ。 プログレッシブロック/メタルの大ファン。自身が企画するプログレッシブ・ロックプロジェクト「Mind Over Matter」を展開中。

おすすめ

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。