【News】John Petrucciが新曲「Terminal Velocity」を発表!ニューアルバムは2020年8月28日にデジタル配信、CD盤は2020年10月30日にリリース決定!

こんにちは、ギタリストの関口です。

スポンサーリンク

Dream TheaterのギタリストJohn Petrucciがこの秋にソロ・ニューアルバム『Terminal Velocity』を発表します。

Wzw6ydvBEm9suSeeNnBKEG-970-80

今回のアルバムはペトルーシにとって、前作『Suspended Animation』以来15年ぶりとなる2ndアルバムで、ドラマーには元Dream TheaterやLiquid Tension Experimentで長きに渡る演奏パートナーであったMike Portnoyも参戦。

ペトルーシとポートノイが同一の作品で共演するのは、これも2009年にリリースされたDream Theater『Black Clouds & Silver Linings』以来11年ぶりのこと。

なお、ベースには現在ポートノイの所属バンドの一つであるFlying ColorsやDixie DregsのDave LaRueが参加しています。

John Petrucci family2

新曲「Terminal Velocity」


そして今回新たにアルバムのタイトルナンバーである新曲「Terminal Velocity」のMVが公開されました。

イントロでは過去の「Glasgow Kiss」を思わせながらも、開放弦を使ったリックやRushを彷彿とさせる爽やかなロックテイストのギターインストです。

この曲はペトルーシが今年3月にスタジオ入りして最初に作った曲で、本人曰く「お馴染みのモンスター的リフテーマや映画のサウンドトラックのような情熱的なメロディまで、きめ細やかな仕事が詰まった本作」の中でも特にオープニングらしいモチーフが満載な一曲です。

なんというか、プログレッシブという形容を抜きにするならこういうストレートなギターインストって久しくなかったなぁという印象。

最近はインストと言うとDjentやフュージョン系のプログレメタル、マスロックばっかりだったので実家のような安心感です。残りの曲も非常に楽しみです!

アルバムは2020年8月28日にデジタル配信、CD盤は2020年10月30日にリリースとなっています!

アルバム参加メンバー

  • John Petrucci – Guitar
  • Mike Portnoy – Drums
  • Dave LaRue – Bass

収録楽曲

  1. Terminal Velocity
  2. The Oddfather
  3. Happy Song
  4. Gemini
  5. Out Of The Blue
  6. Glassy-Eyed Zombies
  7. The Way Things Fall
  8. Snake In My Boot
  9. Temple Of Circadia

関口竜太

東京都出身。 ​14歳でギターを始め、高校卒業と同時にプロギタリスト山口和也氏に師事。ロックやメタルに加え、ブルース、ファンク、ジャズなど幅広い演奏や音楽理論を学ぶ。 プログレッシブロック/メタルの大ファン。自身が企画するプログレッシブ・ロックプロジェクト「Mind Over Matter」を展開中。

おすすめ

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。