【News】The Tangentが新曲「The Tower of Babel」を公開!ニューアルバムは2020年8月21日にリリース予定!

こんにちは、ギタリストの関口です。

スポンサーリンク

イギリスのキーボーディストAndy Tillison率いるプログレッシブ・ロックグループ、The Tangentのニューアルバム『Auto Reconnaissance』が2020年8月21日にリリースされます。

バンド概要


The TangentはイギリスのキーボーディストAndy Tillisonが2003年に立ち上げたプログレッシブ・ロックバンド。

スウェーデンのThe Flower KingsからJonas Reingold、Roine Stolt、Zoltán Csörszの3人が招集された他、Yngwie MalmsteenのGöran EdmanやBig Big TrainのDavid Longdonなどのファミリー感豊かな面々、そして豪華なゲストを迎え国境を越えたスーパーグループとして活動しています。

キーボードをフィーチャーした構築的ネオプログレにジャズやモダンなR&B、ファンクなど多様性を含んだ音楽性が魅力的。20分を超える楽曲など比較的大作志向であることも特徴です。

新曲「The Tower of Babel」


今回発表されたのはニューアルバムに収録される新曲The Tower of Babel

The Tangentの特徴でもあるファンキーなナンバーですね!タイトルからアメリカのファンクバンドTower Of Powerを彷彿とさせます。

バブリーな感じもありつつ、やはりどことなくThe Flower Kingsも思わせますね。レフティーのギタリストLuke Machinによるスムーズなソロや、Theo Travisのサックスソロなどジャンルを忘れて楽しくなれます。

各自自宅のスタジオで撮ったテレワークなスタイルのMVもほどよくチープで好きです。

アルバム情報


アルバムは2020年8月21日にリリース予定。

ボーナストラックを含むDigipak仕様の限定版、紙ジャケ仕様の2LP+CD+LPブックレットというコアなファン向け版、そしてデジタル、ストリーミングサービスでの配信が予定されています。

収録曲

  1. Life On Hold
  2. Jinxed In Jersey
  3. Under Your Spell
  4. The Tower Of Babel
  5. Lie Back & Think Of England
  6. The Midas Touch
  7. Proxima (Bonus Track)

アルバム参加メンバー

  • Andy Tillison – Vocals, Lyrics, Keyboards, Composer
  • Jonas Reingold (The Sea Within, Steve Hackett Band) – Bass
  • Theo Travis (Soft Machine, David Gilmour, Travis-Fripp) – Sax & Flute
  • Luke Machin (Maschine, Francis Dunnery Band) – Guitar
  • Steve Roberts (David Cross Band, ex Magenta, Godsticks) – Drums

アルバムの予約や各種ストリーミングサービスのリンクはこちら▼

https://the-tangent.lnk.to/AutoReconnaissanceID

関口竜太

東京都出身。 ​14歳でギターを始め、高校卒業と同時にプロギタリスト山口和也氏に師事。ロックやメタルに加え、ブルース、ファンク、ジャズなど幅広い演奏や音楽理論を学ぶ。 プログレッシブロック/メタルの大ファン。自身が企画するプログレッシブ・ロックプロジェクト「Mind Over Matter」を展開中。

おすすめ

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。