Ayreonがニューアルバム『Transitus』を2020年9月25日にリリース!アルバムトレーラーも公開中!

こんにちはギタリストの関口です。

スポンサーリンク

オランダのハードロックバンドVengeanceのギタリストArjen Lucassen(アルイエン・ルカッセン)によるロック・オペラプロジェクトAyreonがニューアルバムをリリースすることが発表されました。

タイトルは『Transitus』。

Ayreonは毎度ハードロック、プログレッシブ・ロックを中心に、激ウマなシンガーが多数参加する豪華な作品展開をしているプロジェクト。

過去にはNeal MorseやJames LaBrie、Devin Townsend等がボーカル参加し、ゲストミュージシャンにもMicheal RomeoやARS NOVAの熊田桂子さんが参加するなどアルイエンの顔の広さにも定評があります。

本作のトレーラーは実に7分にも及び、メインのストーリーをコミック形式で紹介。

そして気になるボーカリストたち(この場合キャストいう呼び方をする)もシーンごとに紹介しています。

メインキャストにはアメリカのメタルバンドKamelotのTommy Karevik(Daniel)、Oceans of SlumberのCammie Gilbert(Abby)をフィーチャー。

他にもSimone Simons、Dee Snider、Marcela Bovio、Paul Manzi、Amanda Somerville、Caroline Westendorp、Simone Simons、Johanne James、Micheal Mills、Noa Grumanなど実力に相違ない多様なボーカリストが名を連ねています。

その中で気になるのはやはりメキシコの女性シンガーMarcela Bovioですかね。

彼女は元々Elfoníaでデビューしたゴシック系プログレメタルシンガーで、2004年リリースの『The Human Equation』から頻繁にAyreonに参加しています。ソロアルバムの『Through Your Eyes』はポップ作品ではありましたがボーカリストとしての魅力を存分に伝えた美しい仕上がりだったと記憶しています。

バックバンドは基本マルチ奏者のアルイエンが担当、オーケストレーションに外部から生のミュージシャンたちを呼んでいるのも本格派でいいです。そしてゲストにはギタリストJoe SatrianiMarty Friedmanの二者が大きく名を連ねていて、聴けばわかるほど特徴的な二人のプレイが作品のどこで登場するのか非常に楽しみです。

アルバムは2020年9月25日にリリース予定。まだもう少し先ですが今からチェックしておきたい期待の新作です。

収録曲

Disc 1

  1. Fatum Horrificum
  2. Daniel’s Descent into Transitus
  3. Listen to My Story
  4. Two Worlds Now One
  5. Talk of the Town
  6. Old Friend
  7. Dumb Piece of Rock
  8. Get Out! Now!
  9. Seven Days, Seven Nights

Disc 2

  1. Condemned Without A Trial
  2. Daniel’s Funeral
  3. Hopelessly Slipping Away
  4. This Human Equation
  5. Henry’s Plot
  6. Message from Beyond
  7. Daniel’s Vision
  8. She is Innocent
  9. Lavinia’s Confession
  10. Inferno
  11. Your Story Is Over!
  12. Abby In Transitus
  13. The Great Beyond

アルバムのプレオーダー、ストリーミングサービスなどはこちら▼

http://smarturl.it/ayreon-MLG

関口竜太

東京都出身。 ​14歳でギターを始め、高校卒業と同時にプロギタリスト山口和也氏に師事。ロックやメタルに加え、ブルース、ファンク、ジャズなど幅広い演奏や音楽理論を学ぶ。 プログレッシブロック/メタルの大ファン。自身が企画するプログレッシブ・ロックプロジェクト「Mind Over Matter」を展開中。

あわせて読みたい

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。