Pain of Salvationがニューアルバム『Panther』を2020年8月28日にリリース!アルバムのトレーラーも公開中!

こんにちは、ギタリストの関口です。

スポンサーリンク

スウェーデンのプログレッシブ・ロック/メタルバンドであるPain of Salvationが待望のニューアルバムをリリースすることが判明しました!

panther-cover.png

アルバム『Panther』は、実に3年ぶりとなるバンドの新作。リリースは2020年8月28日となります。

2017年の『In The Passing Light Of Day』をフォローアップさせた今作は、プロデューサーにIn Flames、Mashuggah、Devin Townsendで知られるDaniel Bergstrand氏が就任。フロントマンDaniel Gildenlöwとのタッグで制作されています!

アルバムトレーラー▼

フロントマンDaniel Gildenlöwは以下のコメントを残しています。

「『Panther』の制作には2年以上を費やした。音楽的にも音響的にも限界を超える必要性を感じたからだ。バンドのアイデンティティを失うことなく、より音楽的に多様な角度からのアプローチを行なっていくよ。歌詞は、偶然にもこれまで以上に現代にマッチした内容だし、コンセプトに合わせた素晴らしいアートワークを見ると、全てに満足しているとしか言えない。このアルバムをみんなと共有する日が待ちきれないね」

アートワークは本作のコンセプトにPain of Salvationメンバーを落とし込んだもので、ダークな世界観の中で暴れるヒーローのような佇まいです。

この2020年の新譜の中でもさらなるベスト候補となりうるので今から本当に楽しみです。

『Panther』トラックリスト

  1. Accelerator
  2. Unfuture
  3. Restless Boy
  4. Wait
  5. Keen to Fault
  6. Fur
  7. Panther
  8. Species
  9. Icon

アルバム参加メンバー

  • Daniel Gildenlöw – Lead vocal
  • Johan Hallgren – Guitar, Vocal
  • Léo Margarit  – Drums, Vocal
  • Daniel Karlsson – Keyboard, Guitar, Vocal
  • Gustaf Hielm – Bass, Vocal

関口竜太

東京都出身。 ​14歳でギターを始め、高校卒業と同時にプロギタリスト山口和也氏に師事。ロックやメタルに加え、ブルース、ファンク、ジャズなど幅広い演奏や音楽理論を学ぶ。 プログレッシブロック/メタルの大ファン。自身が企画するプログレッシブ・ロックプロジェクト「Mind Over Matter」を展開中。

おすすめ

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。