ウイルスの侵略が妙にリアルw Hakenが新曲「Invasion」のMVを公開!アルバムリリース日の延期もアナウンス。

こんにちは、ギタリストの関口です。

スポンサーリンク

イギリスのプログレッシブ・メタルバンドHakenが先日アナウンスしたニューアルバム『Virus』のリリースに先駆け第三弾シングル「Invasion」を発表しました!

第一弾「Prosthetic」、第二弾「Canary Yellow」と続いて今回配信になった「Invasion」は実にHakenらしいスローテンポのメタルナンバー

デジタルに不安を煽るギミックや、Djentっぽく歯切れのいいギターリフ、そしてボーカルRoss Jenningsの存在感が光ります。

ピリピリとした情勢の中でリリースされるニューアルバム『Virus』ですがバンドのコメントから「うつ病などによって自殺してしまう心の病=心のウイルス」としており、またそれは前作『Vector』で扱った心理的なテーマと密接に関わってくるそうです。つまりは前作からの続編としての位置付けですね。

MVはウイルスのファージが体の中を巡る様子や、「Canary Yellow」のMVの一部などが使われアルバム内の別の曲との関連性も示唆しています。

病原体からファージがばら撒かれる描写は全身が痒くなりますね笑

また新型コロナウイルスによる影響で発売日が延び、当初の6月5日から正式に2020年6月19日にリリース日が変更されました。

  1. osthetic (5:58)
  2. Invasion (6:42)
  3. Carousel (10:30)
  4. The Strain (5:24)
  5. Canary Yellow (4:15)
  6. Messiah Complex i: Ivory Tower (3:57)
  7. Messiah Complex ii: A Glutton for Punishment (3:39)
  8. Messiah Complex iii: Marigold (2:25)
  9. Messiah Complex iv: The Sect (2:02)
  10. Messiah Complex v: Ectobius Rex (4:58)
  11. Only Stars (2:10)

▼Inside Outからのプレオーダーや各種ストリーミングサービスへのリンク▼

https://haken.lnk.to/Virus


Virus (Deluxe Edition)

関口竜太

東京都出身。 ​14歳でギターを始め、高校卒業と同時にプロギタリスト山口和也氏に師事。ロックやメタルに加え、ブルース、ファンク、ジャズなど幅広い演奏や音楽理論を学ぶ。 プログレッシブロック/メタルの大ファン。自身が企画するプログレッシブ・ロックプロジェクト「Mind Over Matter」を展開中。

おすすめ

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。