ジェンティ&メロディアス!豪州プログレメタルバンドCaligula’s Horseが新曲「Valkyrie」を公開。

こんにちは、ギタリストの関口です。

スポンサーリンク

今月いよいよリリースされるニューアルバムに向けて、オーストラリアのプログレメタルバンドCaligula’s Horseが新曲「Valkyrie」を発表しました!

 

バンド概要


Caligula’s Horse(カリギュラス・ホース)は、オーストラリアのブリズベンを出身地とする5人組プログレッシブ・メタルバンド。ボーカルJim GreyとギタリストSam Vallenが中心となり、結成当初はこの2人のみで音楽制作をしていました。

2011年に『Moments from Ephemeral City』でデビューして以降、メロディアスで複雑な構成を取り入れたプログレッシブ・メタルバンドとして国内外で人気を博します。高い演奏力から曲全体でメロディを大事にしているバンドですがギターのサウンドメイクは早くから取り込んだDjentの色味が強いです。

新曲「Valkyrie」


今回発表された新曲「Valkyrie」はイントロからまさにカリギュラスの成分満載のDjentソング。

しかしながら他のDjentバンドと異なるのは従来のプログレッシブ・メタルの形を損なっていないという部分であり、メインリフやその上で歌われるラインにメロディアスを感じるところです。

サビは彼ら特有の叙情性に富んだメロディラインを展開し、キーボードによって上の帯域もしっかり埋めていく抜かりのなさ。

高い精度で繰り出されるギターソロの後、北欧ゴシックバンド的な静のパートを巻き込んでいくテンポのよさに、長尺が苦手な人でもアクセスしやすい構造になっていると思います。

ニューアルバム『Rise Radiant』は2020年5月22日リリース、現在プレオーダー受付中です。

rise-radiant-cover

収録曲

  1. The Tempest
  2. Slow Violence
  3. Salt
  4. Resonate
  5. Oceanrise
  6. Valkyrie
  7. Autumn
  8. The Ascent

▼公式プレオーダーと各種音楽ストリーミングサービスはこちら▼

https://caligulashorse.lnk.to/RiseRadiant

関口竜太

東京都出身。 ​14歳でギターを始め、高校卒業と同時にプロギタリスト山口和也氏に師事。ロックやメタルに加え、ブルース、ファンク、ジャズなど幅広い演奏や音楽理論を学ぶ。 プログレッシブロック/メタルの大ファン。自身が企画するプログレッシブ・ロックプロジェクト「Mind Over Matter」を展開中。

おすすめ

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。