Jan Cyrka & Guthrie Govan「Guitar Heroes」: 海外ギターシーン影の功労者たち9人!単なるテクニカルで終わらないシアターライクのオムニバス!

おはようございます、ギタリストの関口です。

都内に外出自粛勧告が敷かれ今日は家から人が出ないような日です。しかも天気は雨で流石に気が滅入るのでテクニカルなギターアルバムを紹介できればなと思います!

スポンサーリンク

Guitar Heroes / Jan Cyrka & Guthrie Govan


Guitar Heroes

Jan Cyrka(ヤン・サーカ)はイギリスのミュージシャンでギタリスト。

シーンメイカーなギタリストJan Cyrka


ポーランド系イギリス人のJan Cyrkaは1992年にソロアルバム『Beyond the Common Ground』でデビュー。当時はSteve Vaiの再来とも言われ、そのヴァイの師匠でもあるJoe Satorianiなどイメージの沸きやすいギターインスト系ギタリストとして活躍します。

Jan-Cyrka-Photo-3

プレイスタイルは安定したテクニックを持ち味としながら、その実アーミングやビブラートで表情をつけることを得意とした叙情型のギタリスト。派手さのないAndy Timmonsアーミングのついた松本孝弘といった印象です。

現在では映画音楽家Philip JewsonやAndy James、Luke Robertsなど作品ごとにゲストを呼びサウンドトラックのようなミニマムでストレートなロックギターアルバムを多く展開しており、本作も言わばその流れに沿ったものです。

稀代のスーパーギタリストたち


本作ではヤンの他に8人のギタリストがゲストに参加しているのでそちらも軽くご紹介していきます。

Guthrie Govan

guthrie_govan-1280x720

イングランド出身のギタリスト。3歳でギターを始めジャズやブルースのスタイルを基盤としながらその幅広い音楽性とアナライズが困難なフレージングで全世代から爆発的な支持を得ます。プログレッシブ・ロックのスーパーグループであるAsiaに在籍経験があるほか、Steven Wilsonの名盤『The Raven That Refused to Sing』にもリードギタリストとして参加しています。

James Graydon

unspecified

ロンドンのギタリストでソングライター。

Clive Carroll

1

イングランド東部に位置するエセックス出身、フォークスタイルのギタリスト。映画音楽の作曲家としても知られます。

Alex Hutchings

maxresdefault-730x410

イギリスのギタリストでSteven Wilsonのアルバム『To Be Bone』にてツアーメンバーとしても活躍。

Jamie Humphries

img-5439

ストックホルム出身。QueenやJeff Beck、Pink Floydなどさまざまな有名アーティストとの共演経験を持つキャリア型のギタリスト。Musicmanのエンドースミュージシャンであり日本でもYOUNG GUITAR誌に2度掲載されたとか。

Phil Hilborne

73b511693f799b78ee752d6198003436

Iron MaidenのドラマーNicko McBrainのクリニックツアーのサポートとして参加するほか、ジェミー同様Queenのミュージカル「We Will Rock You」にも出演したベテランギタリスト。現在は自身のバンドPhil Hilborne Bandを中心に活動中。

Andy James Dowdney

maxresdefault (1).jpg

イギリスのへヴィメタルバンドSacred Mother Tongueのギタリスト。バンドは2013年んに解散していますがアンディは2007年ごろからソロでもアルバムを複数リリースするなど精力的な活動を見せています。

参加ギタリスト


  • Jan Cyrka – All Tracks
  • Guthrie Govan – #1,2,3,7,16
  • James Graydon – #4,5,7,10
  • Clive Carroll – #6,12,13
  • Alex Hutchings – #8,9,10
  • Jamie Humphries – #11
  • Phil Hilborne – #15
  • Andy James Dowdney – #17,18,19

楽曲紹介


  1. Stomp and Roll
  2. Belleville Swing
  3. Rip Roaring
  4. El Dorado
  5. Andalucian Sunset
  6. Bossa Tropicale
  7. Heart of Mine
  8. This Fine Feeling
  9. Aching Heart
  10. Carefree Summer
  11. Graduation
  12. Bad Cat
  13. Boone Dog
  14. Slide Around
  15. Hairy Times
  16. Darker Than Life
  17. Growler
  18. Dirt and Dust
  19. Hell and High Water

1分程度から最長でも4分ほどの小曲が19曲並ぶ異色のコラボレーションギターインストアルバム。6つのジャンルごとにジャンルが切り替わりまさに映画のワンシーンを切り取ったような仕様になっています。

Retro And Vintage

#1「Stomp and Roll」〜#3「Rip Roaring」まではアップテンポのテクニカルナンバー。カントリー調の#1では二人による超テンポ上でのVampやスウィープのハーモニーが繰り出される他、#3ではSteve VaiやJoe Satorianiのようなシャッフルギターロックになっています・

Acoustic Scene – Setters

#4「Al Dorado」〜#6「Bossa Tropicale」ではアコースティックセクションによるメロディ重視の楽曲が続きます。「Moon River」に代表されるような映画のワンシーンにふさわしい#5「Andalucian Sunset」やカフェイズムな#6「Bossa Tropicale」などテーマでセッションギターを披露。

Electrifying Ballads

#7「Heart of Mine」〜#11「Graduation」まで5曲用意された、二人がもっとも得意とするであろうメロウなフュージョンバラードのセクションがこの「Electrifying Ballads」。

いずれも流暢で隙のないギターを聴かせてくれますが、トラックはワンシーンのみなので次々に切り替わる雰囲気を楽しんでほしいです。

Down – Home Blues

#12「Bad Cat」〜#14「Slide Around」まで展開されるブルースパート。タイトルで概ねサウンドに予想がつくのがいいですね笑

ここではいずれもアコースティックギター二本だけのトラックになっていて#12や#14のようなスライドギターを使った王道のアプローチや、ミュートの際に訪れるリアルな空気感までも伝わってくる玄人向けのセクションです。

Hard And Heavy Rock

#15「Hairy Time」#16「Darker Than Life」の二曲がこのセクションにあたりご想像通りのテクニカルインストです。#15ではイギリスのセッションギタリストPhil Hilborneが、#16ではガスリーが参加。

Headbanging Metal

ラスト3曲はAndy Jamesを迎えたパワー系メタルなインストを堪能できる7分間。

ダウンチューニングを活かしJohn Petrucci的な浮遊感で聴かせる#17「Growler」#18「Dirt and Dust」、Paul Gilbert的でありながらプログレッシブさも感じる#19「Hell and High Water」と最後までカラフルなギターの世界にお腹いっぱいのサントラ作品となります。

関口竜太

東京都出身。 ​14歳でギターを始め、高校卒業と同時にプロギタリスト山口和也氏に師事。ロックやメタルに加え、ブルース、ファンク、ジャズなど幅広い演奏や音楽理論を学ぶ。 プログレッシブロック/メタルの大ファン。自身が企画するプログレッシブ・ロックプロジェクト「Mind Over Matter」を展開中。

おすすめ

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。