広告

disk unionへ探し物に行く回!お目当と掘り出し物の世界で。

おはようございます、ギタリストの関口です。

このブログを書いている途中、RushのドラマーNeil Peartが亡くなられたという訃報が飛び込んで来たため先にその事実をお伝えしておきます。また記事を書くかとは思いますが偉大なドラマーに心からの敬意と感謝の意を捧げます。

R.I.P Neil Peart

The Flower Kingsというバンドについて


The Flower Kingsの凱旋公演がいよいよ二週間に迫る中、新譜『Waiting for Miracles』を含む数枚しかTFKを所有していない不安に駆られ、昨日は久々にdisk unionへ行ってきました!

TFKっていうのはなかなか難儀なバンドでして、サブスクはほぼ未解禁、それに伴いダウンロード販売もなし

つまり音源を聴きたければYouTubeでなんとかヒットさせるか大人しくCDを買うしかないわけです。そのCDも日本盤があまり作られていないのでネットの場合も海外代理店からの発送になるため数日を要します。

それでもプログレファンの間ではそこそこ必聴なバンドのため隙を見てゲットしておくのが定石です。

disk unionというのはそんなTFKも誰からかのお下がりを中古という形で扱ってくれる数少ない良心的なお店なのでCD流通量が減った現代でもTFKに限らずファンが多いです。多分イギリスとかヨーロッパなら新品が並んでいたりするんでしょうね、羨ましい。

前回行ったときは梅雨でしたがそのとき確か数枚TFKが並んでたなという記憶を掘り起こし、いざ仕事終わりに出陣!

スポンサーリンク

バイクで行く途中、あれがあったらいいなとかついでにあのジャンルも見たいなとか思いを馳せている時間がまたプライスレス。最近はほぼサブスクに移行してしまいましたがなんだかんだCDを買いに出かけるというのは未だに好きだったりします。

そして着いたのは御茶ノ水disk unionさん。真っ先にTFKを探す。

探す、探す、探す…

ない!!

一枚もないじゃないですか!何度も自分が見ているコーナーを確認。ここはProgressive RockエリアのEuropeゾーン。アルファベットABC…F。「The Flower Kings / Kaipa」の見出し。その次は「Focus」。

しかし残念なことに「The Flower Kings / Kaipa」と「Focus」の見出しはぴったりくっ付いていてまさかのTFK0枚という結果でした。あ、でもRまで行ったらRoine Stolt’s The Flower Kingsの『Manifesto of an Alchemist』はありました。チェック済みなので今回はお呼びでなかったですが。

店内を物色する楽しさ


まぁしかし。ただで帰るわけにもいかず、出鼻は挫かれたもののまだお目当などもある。何より掘り出し物という宝探しがCDショップにはある!もっともTFKがそのうちの一つではありましたが…

ジャパンプログレを見、ブリティッシュを見、イタリアン、フレンチを見…最後に新品コーナーも見て5、6枚抱え込んだアルバムから予算の範囲で絞るというのもこれまた楽しかったりしますね。

そして最終的に残ったのがこの3枚!

ディスクユニオンでみんながCD漁ってるカシャカシャ音っていいよね。ってなわけでYesのサイト限定盤とMagentaのライブ盤、そしてジャパグレ枠に渡辺チェルさんに惹かれたNoaを買ってきました!

IMG_8177.JPG

いずれどれも記事を書こうと思っていますが、

Yes『From A Page』は過去の未収録音源やライブ音源をまとめた3枚組アルバムで基本Yesのサイトから直接買うしかないファン向けアルバム。

イギリスの女性ボーカルプログレバンドMagenta『Acapela 2016 & 2017』は二つのアコースティックライブの様子をDVDとCDの計4枚で振り返られる大ボリュームアルバム。

そして日本のプログレバンドNOA『If Tomorrow Comes』はex.新月の桜井良行さんやアレンジャーとして有名な渡辺チェルさんらで組まれたプログレ・ジャズ・ロックということでこれも楽しみ。

どれもdisk unionだから買えたという3枚なので少々ビターなチョイスだったと思いますがTFKが買えなかった傷を癒してくれそうです笑


Live at Acapela 2016 &..

広告

関口竜太

東京都出身。 ​14歳でギターを始め、高校卒業と同時にプロギタリスト山口和也氏に師事。ロックやメタルに加え、ブルース、ファンク、ジャズなど幅広い演奏や音楽理論を学ぶ。 プログレッシブロック/メタルの大ファン。自身が企画するプログレッシブ・ロックプロジェクト「Mind Over Matter」を展開中。

あわせて読みたい

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。