広告

【ネタバレ注意!】Opeth Japan Tour 2019がいよいよ開幕。気になるセットリストをまとめました!

おはようございます、ギタリストの関口です。

いよいよ今日と明日、大阪と東京でスウェーデンのプログレメタルバンドOpethの「In Cauda Venenum Tour in Japan 2019」が行われます!

個人的には初めてのOpethライブなのでわくわくドキドキなのでしっかり予習しておこうと思います。

さて、今日はそんなライブツアーのセットリストが気になる方のため(自分のため)に、今ツアーのセットリストをまとめたので予習の参考にしていただければと思います。

※セットリストを知りたくないという方はブラウザバック推奨です。

今回は名前の通り、ニューアルバム『In Cauda Venenum』を引っさげてのツアーなのでこれの楽曲がメインに演奏されることは自明の理ですが、割と過去の人気曲も多くやってくれているなという印象です。

日本に先駆けて行われた中国、インドの計3公演ではいずれも8曲のセットリストで、その他の国では軒並み11曲演奏。

つまりこの3公演で演奏されなかった曲をまとめた方が早いレベルです。

曲順もほぼぶれずこの11曲で完結すると思って大丈夫だと思います。

では、今回のツアーで演奏された曲を発表していきます!

スポンサーリンク

  • The Leper Affinity

  • Hjärtat vet vad handen gör

  • Reverie / Harlequin Forest

  • Allting Tar Slut

  • Sorceress

  • Deliverance

まずは全ての会場で演奏された曲たち。

『In Cauda Venenum』からは「Hjärtat vet vad handen gör」と「Allting Tar Slut」が演奏。ちなみに本作はスウェーデン語版と英語版が出ていますがいずれもスウェーデン語版です。「Sorceress」と「Deliverance」はアンコールとなっています。

  • Svekets Prins

  • Hope Leaves

「Svekets Prins」はニューアルバムからのピックアップですが何故か中国公演最終日に抜けているんですよね。「Hope Leaves」は『Damnation』収録のバラードでライブ終盤で演奏予定です。

  • Nepenthe

  • The Lotus Eater

さて、アルバム『Heritage』と『Watershed』からはこの2曲が演奏予定。「The Lotus Eater」は「The Leper Affinity」や「Deliverance」同様デスメタル期の曲ですので楽しみですね。

 

  • Moon Above, Sun Below

ラストは『Pale Communion』より先の3会場全てのセットリストから除外された唯一の曲。基本的にはニューアルバム他、2000年以降の各アルバムから1曲ずつという印象ですね。

In Cauda Venenumツアー完全版のセットリストがこちら。

  1. Svekets Prins
  2. The Leper Affinity
  3. Hjärtat vet vad handen gör
  4. Reverie / Harlequin Forest
  5. Nepenthe
  6. Moon Above, Sun Below
  7. Hope Leaves
  8. The Lotus Eater
  9. Allting Tar Slut
  10. Sorceress
  11. Deliverance

統計の他にも会場によってサプライズ的な演奏はないか探しましたがなさそうですね。まさか日本も中国、インドに倣ってアジア枠で8曲ということはないでしょうが…というかそこだけはマジでお願いします。

今日はまず大阪梅田でのライブ。明日のZeppに先駆けて行かれる方は是非とも楽しんできてください!

広告

関口竜太

東京都出身。 ​14歳でギターを始め、高校卒業と同時にプロギタリスト山口和也氏に師事。ロックやメタルに加え、ブルース、ファンク、ジャズなど幅広い演奏や音楽理論を学ぶ。 プログレッシブロック/メタルの大ファン。自身が企画するプログレッシブ・ロックプロジェクト「Mind Over Matter」を展開中。

あわせて読みたい

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。