広告

現代のプログレ界を支える知っておくべき15のギタリスト

おはようございます、ギタリストの関口です。

本日は現在のプログレッシブシーンを支えるギタリストを15人ほどピックアップしましたのでご紹介していきます!

スポンサーリンク

1. John Petrucci

まずはご存知、アメリカのプログレッシブ・メタルバンドDream TheaterのギタリストJohn Petrucci(ジョン・ペトルーシ)です。50歳を過ぎてもなお高難易度のプレイをバシバシ決める世界的トップギタリストの一人。

プレイスタイルとしてはどちらかと言えば王道で、圧倒的なスピードプレイの他ボリュームを絞った繊細なプレイも得意。新しい試みが好きな人物で他人のプレイを吸収したり近年では8弦ギターの製作にも取り組んでいるとか。

 

2. Guthrie Govan

お次はイギリスのギタリストGuthrie Govan(ガスリー・ゴーヴァン)。テクニカルギタリストの代名詞的存在で、超絶技巧ながらメロディアスなプログレメタル・フュージョンスタイルは大人気。

音源としてはイギリスのスーパーグループAsia(2000-2006)の他、Steven WilsonやPeripheryなどコラボレーションによる参加が多いです。

 

3. Adam Jones

アメリカのプログレッシブ・オルタナティブ・メタルバンドTOOLのギタリストAdam Jones(アダム・ジョーンズ)。グラミー賞を3度受賞し米ローリングストーン誌が選ぶメタルギタリスト第9位に選ばれた人物。

目立ったテクニカルプレイは少ないですがダウンチューニングやオリエンタルなギターフレーズ、さらにはエフェクターによる実験的な音楽性でバンドのセールスに貢献しています。

94780_0_wide_ver1564835268.jpg

 

4. Eric Gillette

アメリカのプログレッシブ・ロックバンドThe Neal Morse BandのギタリストEric Gillette(エリック・ジレット)。同バンドにはMike Portnoyがいる他、使用ギター、ルックス、プレイスタイルもポストJP。一方で他楽器にも精通したマルチプレイヤーとしても有名で、ソロアルバムでは全ての楽器を演奏、ドラムの教則DVDもリリースしています。透き通った艶のあるボーカルもこれまたセクシーだと大人気。

 

5. Steven Wilson

お次はSteven Wilson(スティーブン・ウィルソン)。イギリスのプログレッシブ・ロック/メタルバンドPorcupine Treeのフロントマンにしてバンドの顔そのもの。「自分の主張を押し付けるのではなくリスナーと感情を共有すること」という音楽理念を持ち合わせており、Pink FloydやKing Crimsonからの影響を受けたサウンドスケープでプロデューサー業やミックスエンジニアとしても腕を振るうプログレ界のカリスマ的存在。

 

6. Mikael Åkerfeldt

スウェーデンのプログレッシブ・メタルバンドOpethのフロントマンMikael Åkerfeldt(ミカエル・オーカーフェルト)。ボーカリストでもあるためテクニカルなプレイはFredrik Åkessonに譲っていますが、スティーブン同様バンドの舵を決める最重要ポジション。

そのダウナーな音楽性ゆえ硬派な人物に思えますがその実非常にユーモアに溢れジョークなどが大好きな人物。

 

7. Jason Richardson

続いてアメリカのギタリストJason Richardson(ジェイソン・リチャードソン)。Born of OsirisやChelsea Grinの元ギタリストとして知られ、近年テクニカルギター界では類を見ないスピードプレイで話題のポストガスリー。

特にPolyphia「Aviator」でのギターソロは超絶技巧の登竜門的難易度。

 

8. Tosin Abasi

アメリカのプログレッシブ・メタルバンドAnimals As LeadersのギタリストTosin Abasi(トーシン・アバシ)もその一人。Djentおよびプログレメタル・フュージョンというジャンルの発展に一躍買った人物で8弦ギターによるスラップやタイトな両手タッピング奏法など難易度的にはもはや別次元。

 

9. Fredrik Åkesson

Opethの2代目リードギタリストFredrik Åkesson(フレドリック・オーケソン)。2000年代にArch EnemyからChristopher Amottが抜けた際サポートを務めたことでも有名で、ついミカエルの影に隠れがちですがMichel Amottからの影響とも取れるワウを使ったプレイや、近年ではJP風の抜けのいいテクニカルプレイなどが話題です。

eb26b771370b26064771d37d33cacd24.jpg

 

10. Richard Henshall

イギリスのプログレッシブ・メタルバンドHakenのギタリストRichard Henshall(リチャード・ヘンシャル)。ツインギターを織りなすバンドのオリジナルメンバーの一人でもあり、ギタリストとしての他、キーボディストとしても実力を発揮する存在。

 

11. Misha Mansoor

アメリカのプログレッシブ・メタルバンドPeripheryのギタリストにしてバンドのブレインMisha Mansoor(ミーシャ・マンソー)。Jason Guitarsから6弦、7弦、8弦とシグネチュアモデルをリリースしており、本人こそ否定的ですがその音色をフォロワーやリスナーが研究した結果「Djent」というジャンルを確立させた人物。

 

12. Roine Stolt

スウェーデンのプログレッシブ・ロックバンドThe Flower Kingsのボーカル兼ギタリストのRoine Stolt(ロイネ・ストルト)。17歳にしてKaipaでプロデビューを果たした彼は同バンド以外に様々なバンドやプロジェクトに参加するプログレ的ファミリーツリーのビッグパパ。有名どころだとTransatlanticやAgents of Marcy、YesのJohn AndersonとコラボしたAnderson / Stoltなど。

変拍子を多用したダークな楽曲の他、ベテランらしいどっしりとしたプレイスタイルで、ギターソロは伸びやかかつ実にエモーショナル。

 

14. Tom Monda

アメリカのプログレッシブ・ロックバンドThank You ScientistのギタリストTom Monda(トム・モンダ)。バンドはヴァイオリンやサックス、トランペットを有したフュージョンライクな音楽性で非常に質の高いライブ感溢れる楽曲が魅力的。トムもそんな音楽に馴染むカッティングなど細やかなプレイに気を配りつつソロでは超インテリジェンスな速弾きも披露しています。

 

15. Plini

最後はオーストラリア出身のテクニカルギタリストPlini(プリニ)。爽やかなルックスとスウェーデンのヘッドレスギターStrandberg*というスタイリッシュさから、Djentおよびジャズ/フュージョンを奏でる話題の人物。これからのプログレッシブシーンを牽引していく存在として活動は要チェックです!

広告

関口竜太

東京都出身。 ​14歳でギターを始め、高校卒業と同時にプロギタリスト山口和也氏に師事。ロックやメタルに加え、ブルース、ファンク、ジャズなど幅広い演奏や音楽理論を学ぶ。 プログレッシブロック/メタルの大ファン。自身が企画するプログレッシブ・ロックプロジェクト「Mind Over Matter」を展開中。

あわせて読みたい

1件の返信

  1. dalichoko より:

    くーーー!しびれますね~
    勉強させていただきます!
    (=^・^=)

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。