元AngraのボーカリストAndre Matosが急死。デビューアルバム「Angels Cry」などのヒットを支える。

おはようございます、ギタリストの関口です。

昨日の夜、3時をすぎるまで動画の編集をしていたためにいつもの6時起きを2時間も寝坊しておはようございます。

おかげで今日にもアップできそうなところまで編集が進みましたので結果オーライ!

しかし、起きて早々ですが本日は一つ悲しいニュースが入ってきたのでそれをお伝えしなくてはなりません。

Andre Matos死去


ドイツのへヴィメタルバンドAngraの元ボーカルでデビュー当時のバンドを支えていたボーカルのAndre Matosが急逝したというニュースです。

andre-matos-death-810x456.jpg

Andre氏は47歳。6月2日にサンパウロでのライブにゲスト参加していました。死因は明らかにされていませんがブラジルのメディアUOL Entretenimentoは心臓発作を起こしたと報じています。

僕とAngraの出会いは後任のEduardo FalaschiからのものでしたがもちろんAndre時代の音源も聴いていましたし、枠に収まらないハイポテンシャルなバンドの黎明期を支えた重要人物の訃報にとても悲しいです。

本当はもっと違う形でお伝えしたかったですが、さすがにアルバムのご紹介をする気力も今は沸いてきません。近々落ち着いたらAndreの意思をしっかり後世に残すべく記事にしたいと思います。

R.I.P

関口竜太

東京都出身。 ​14歳でギターを始め、高校卒業と同時にプロギタリスト山口和也氏に師事。ロックやメタルに加え、ブルース、ファンク、ジャズなど幅広い演奏や音楽理論を学ぶ。 プログレッシブロック/メタルの大ファン。自身が企画するプログレッシブ・ロックプロジェクト「Mind Over Matter」を展開中。

おすすめ

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。