Yes「90125」: バンド後期を象徴するロンリー・ハート!ニューウェーブサウンドでプログレ新規ファンにも!

おはようございます、ギタリストの関口です。

コーヒーのドリップ紙を買ってきたのに肝心のコーヒー豆を切らしていたのでドリップはお預けな朝です。

気を取り直して本日はこちらのアルバムをご紹介。

90125 / Yes


90125 (Deluxe Version)

Yes、イギリスのプログレッシブ・ロックバンド。1970年代のプログレッシブ・ロックブームを牽引した五大プログレバンドの一つで1985年度グラミー賞受賞。2017年には「ロックの殿堂」入り。

メンバー


オリジナルメンバー

  • John Anderson – Vocal
  • Chris Squire – Bass(2015年に病死)
  • Peter Banks – Guitar
  • Bill Bruford – Drums
  • Tony Kaye – Keyboard

全盛期「こわれもの」「危機」(1971-1972)

  • John Anderson – Vocal
  • Chris Squire – Bass
  • Steve Howe – Guitar
  • Bill Bruford – Drums
  • Rick Wakeman – Keyboard

再結成、ロンリー・ハート期(1980-1988)

  • John Anderson – Vocal(復帰)
  • Chris Squire – Bass
  • Trevor Rabin – Guitar
  • Alan White – Drums
  • Tony Kaye – Keyboard(復帰)

一般的にYesの「プログレッシブ・ロック期」というのは1970-1979年のことを指し、その間のメンバーチェンジは今回は割愛してます。

解散から再結成


1978年に「Tormato」をリリース、これを最後にメインボーカルであったジョンとキーボディスト、リックが脱退。この辺りからYesのメンバー間での人間関係は不調なものでした。

続く1980年。The Bugglesを吸収する形で、新たにTrevor Hornをボーカルに迎え作られた「Drama」を最後にYesは事実上の解散をします。ただしドラムのアランは「解散」自体は否定しています。またギタリストのスティーブはYesに見切りを付けAsia結成のため活動をシフトしていきます。

「スーパーグループ」とは。英Asiaに垣間見るヒットの法則。

さて、80年代に突入しいきなり訪れた空白の期間で、ベースのクリスとドラムのアランは新たなギタリストとしてTrevor Rabinに接触。そこで作ったデモをかつてのボーカル、ジョンに聴かせたことでアルバムの話が持ち上がり、「90125Yes」というバンドを結成、これがYesの再結成となります。

なお、一連のボーカル脱退からThe Buggles吸収、Asiaへのシフト、そしてトレヴァーの紹介などは当時のマネージャーであったBrian Laneの助言が強かったと言われています。

現在のYesを象徴する「ロンリー・ハート」


1983年にリリースされた再結成アルバム「90125」は、邦題に「ロンリー・ハート」とついた時点でお察しなくらい、ビルボードで1位を獲得した大ヒットシングル「Owner Of A Lonely Heart」の功績が大きいです。

かつてのプログレッシブ・ロックの印象を覆すようなポップな仕上がり。新加入したトレヴァーのギターリフや、冒頭と間奏で聴けるオーケストラヒットがニューウェーブの風を感じさせます。

この曲は日本でも大変人気のある曲となり、自動車、乾電池、珈琲とCMで多数使用。アニメ「ジョジョの奇妙な冒険」第12話、第14話においてこの曲の有名なリフを引用した劇中BGMが流れます(なおEDテーマは「Roundabout」でした)。

スポンサーリンク

全盛期とは違うけどYesはYes


本作はYesらしい変拍子やテクニカルなアプローチも配置されてはいますが、それでも全体的にシンプルかつ短い楽曲で構成されているのが特徴です。

Yesもしくはプログレッシブ・ロック初心者にも間口が広く、誰でも初見から聴いていける楽曲が揃っていますが、当然70年代とは色味そのものが違うので70年代当時のYesを知る人知らない人で印象は二分化するでしょう。

それでも昔のYesの方が好きな人もこのアルバムは嫌いになれないと思います、それだけの説得力があります。

#1「Owner Of A Lonely Heart」の良さは上で語った通りなので言わずもがなですが、#2「Hold On」の中盤で魅せるアカペラは「こわれもの」収録の「Roundabout」などで聴けた「Yesのアカペラ」。そこに「基礎は変わってないけど今はこう前進(Progressive)したよ」という明確な意図を感じます。

#4「Changes」は僕個人としてもお気に入りで金管楽器の独特なリズムへベースとドラムがユニゾンに乗っかっていくプログレらしい一曲。イントロで一瞬トレヴァーの速弾きも聴け、サビでは80年代アメリカン・ハードロックも匂わせます。

他には7拍子が特徴的な#5「Cinema」という2分ほどのインストナンバー。再結成前にLed ZeppelinのJimmy Pageを誘うもリハーサルだけで終わってしまったバンド「Cinema」から取っているのでしょうか。大きくありつつも短い夢のような曲ですね。

ラスト#9「Heart」ではトニーによるパッドやオルガンが古き良き70年代プログレを想起させ、ここに5大バンドの威厳を再提示しています。

先日書いたRushについてもそうですが、長い活動の中で時代の流れにより音楽性を変えていくのは当然な反面ファンからすれば寂しさもあります。しかしYesはあくまでYesでそこにいてくれる安心感がありますね。

2015年にはオリジナルメンバーであったベースのクリスが惜しくもこの世を去ってしまいますが、アルバム「危機」の原題である「Close to the Edge」を捩ったプログレロックフェス「Cruise to the Edge」も開催されており2018年にはYesも出演。レジェンドはレジェンドたる風格で今もそこに存在しています。

関口竜太

東京都出身。 ​14歳でギターを始め、高校卒業と同時にプロギタリスト山口和也氏に師事。ロックやメタルに加え、ブルース、ファンク、ジャズなど幅広い演奏や音楽理論を学ぶ。 プログレッシブロック/メタルの大ファン。自身が企画するプログレッシブ・ロックプロジェクト「Mind Over Matter」を展開中。

おすすめ

1件の返信

  1. dalichoko より:

    懐かしいですね。
    大ヒットしました。
    (=^ェ^=)

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。