Andy Timmons Band「Resolution」: エモーショナルなギターの体現者による3ピースギターインスト!

おはようございます、ギタリストの関口です。

寒の戻りでここ数日寒いですが、桜が長く楽しめていいですね。雨も少ないし配達でバイクを走らせてると桜並木を一気に堪能できたりして自営業冥利に尽きます。IMG_5130 2

明日辺りから徐々に気温も上がってくるのでこの土日が晴れていれば見納めになりそうですね。

スポンサーリンク

今日の夜には有楽町のCOTTON CLUBでAndy Timmons Bandの来日公演を観て来ます!

昼間の部ではソロ時代、X-Tacyの楽曲を中心に演奏するみたいですが生憎仕事ですし夕飯も兼ねてるので贅沢に過ごして来ます!

昨日久しぶりに聴き直してましたがやはり素晴らしいです。ブルースロックですが少しご紹介。

Resolution / Andy Timmons Band


Resolution

Andy Timmons Band(ATB)は、アメリカアリゾナ出身のギタリストAndy Timmonsによって結成された3ピースインストロックバンド。

メンバー


  • Andy Timmons – Guitar
  • Mike Daane – Bass
  • Rob Avsharian – Drums

エモーショナルなギターの体現者Andy Timmons


Andy_Timmons

アンディはアメリカのハードロックバンドDanger DangerやTotoでも知られるイギリスのドラマーSimon Phillipsなど、さまざまなバンド、セッションの場で活躍しています。

根本はハードロックですがブルースやジャズ、カントリーといった幅広い音楽をカヴァーし、聴き惚れそうな極上のトーンとエモーショナルな演奏を武器に、ダイレクトなギターの世界を表現しています。

3ピースインストの挑戦


2006年に結成したATBは、それまで彼が行なっていたソロ活動でのインスト作品とは一線を画すもので、通常、バッキングギターを録音しその上からソロやメロディを弾くことで音の厚みや音源としてのクオリティを向上させるのですが、ATBはレコーディング段階からオーバーダブ一切なしのとてもオーガニックなバンドコンセプトを持ちます。

それはすなわち、ライブで観てもCDと変わらない音像を生で楽しめるということになります。バッキングギターがないからライブだと薄く聴こえてガッカリ、なんてよくあるギャップが起こらないのです。

これはセッションやライブによって活躍の場を広げるアンディならでは考えだと思いますし、それができるギタリストだという証明にもなります。

アンディを生で観るのは人生で4度目。今夜も素敵なショウを期待しています!

関口竜太

東京都出身。 ​14歳でギターを始め、高校卒業と同時にプロギタリスト山口和也氏に師事。ロックやメタルに加え、ブルース、ファンク、ジャズなど幅広い演奏や音楽理論を学ぶ。 プログレッシブロック/メタルの大ファン。自身が企画するプログレッシブ・ロックプロジェクト「Mind Over Matter」を展開中。

おすすめ

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。