広告

Neal Morse「Lifeline」: 説教くささは安定の裏返し。

こんにちは、ギタリストの関口です。

というわけで二週間かけて届いたニール・モーズのアルバムを紹介していきます。

スポンサーリンク

Lifeline / Neal Morse


Lifeline

Neal Morseは、アメリカのプログレッシブ・ロックミュージシャン。リリースした2008年当時は48歳。

プログレッシブ/シンフォニック・ロックの巨匠としてSpock’s Beardで活動した後2002年に脱退、クリスチャンミュージシャンとしてソロ活動を開始します。

「Lifeline」はソロプログレアルバムとしては五枚目。彼の音楽は5ch界隈では「金太郎飴」と呼ばれ笑 これはどこを切り取っても同じという皮肉が込められたものですが、裏を返せばそれだけNeal Morseとう音楽家が筋一本で作り続けてきたことがわかります。

トランスワールド・プログレッシヴ・ロック Selected over 500 titles (Disc guide series) [ 舩曳将仁 ]

価格:2,160円
(2019/3/24 09:25時点)
感想(2件)

大作とコンパクトな曲との対比


長尺曲を書くことでも知られるニールですが、今回のアルバムは曲を単発で聴ける上、比較的コンパクトな楽曲が揃っています。

大作は#1「Lifeline」の13分、#6「So Many Roads」の28分といった感じですが、その他は4分〜6分程度ととても聴きやすい仕様。

楽曲紹介


#1 Lifeline

初期Spock’s Beard、もといこれぞニール節と言える王道のシンフォニックサウンド。クラシカルなメロディラインによりわかりやすい意思表示と前作Sola Scripturaを思わせるアグレシッブなプログレッションに唸ります。「Jesus is my lifeline」という歌詞もとてもわかりやすい笑

#2 The Way Home

アコースティックで爽やかなポップソングとなった二曲目は、ニールが啓示を受ける前を振り返り悩むといったもの。留まっているだけでは自分の帰る道は見えない。アコースティックな雰囲気のニールは信仰深いです。

#3 Leviathan

一転、プログレッシブでスリリングな楽曲。ニールとのコンビがお馴染みになっているMike Portnoy(元Dream Theater)による思い切りのあるドラムが印象的。後半にはまさにそんなDream Theaterに通ずるようなスピーディーなユニゾンパートも聴ける非常にクリエイティブな一曲です。

#4 God’s Love

タイトルからしてそれ。12弦ギターがきらびやかに響く美しいアコースティックバラード。ニールがアコースティックな雰囲気のときは信仰深いです(二度目)。

#5 Children of the Chosen

こちらも子供たちを引き合いに教えの強い一曲。ナイロンギターのクラシカルな響きとコーラス、マイキーのタイトなタム回しも聴きどころの一つです。

#6 So Many Roads

28分を超える大作プログレ。Transatlanticにも通ずる巨匠ならではの名曲です。ニールはキーボディストとしてが有名ですがギターもうまい。派手なプレイこそないものの非常に的を得た美味しいとこどりの演奏で退屈させませんね。

#7 Fly High

本編ラストを飾る壮大なバラードソング。こちらではギターソロをPaul Bielatowiczが弾いています。

Paul Bielatowiczという爽やかギタリストが気になる!エモーショナルなソロに聴き惚れろ!

その他、CD盤ならではの特典としてJoe CockerやElvis Costelloのカヴァーソングを収録したDisc2も。こちらでのオススメは70年代のアフリカングループThe Osmondsのカヴァーである#1「Crazy Horses」。

評価


本土アメリカに比べるとクリスチャンが少なく、また英詩がダイレクトに響いて来ない我々日本人からすれば多少説教臭くとも良質なメロディと安定感のあるプログレッシブ・ロックですが、海外ではその説教臭さと、先述した「金太郎飴」論が災いしてあまり高評価が得られていません。

中盤バラード続きで中だるみもありますが、それでも個人的にはふとしたとき聴きたくなるいいアルバムだと思います。

広告

関口竜太

東京都出身。 ​14歳でギターを始め、高校卒業と同時にプロギタリスト山口和也氏に師事。ロックやメタルに加え、ブルース、ファンク、ジャズなど幅広い演奏や音楽理論を学ぶ。 プログレッシブロック/メタルの大ファン。自身が企画するプログレッシブ・ロックプロジェクト「Mind Over Matter」を展開中。

あわせて読みたい

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。