広告

Neal MorseがApple Musicから消える事件。シームレスアルバムをダウンロード買いしたら曲間は途切れるのか?

おはようございます、ギタリストの関口です!

先日Apple Musicに異変が起きました。

なんと僕が大好きなNeal Morseがほとんど聴けなくなっているではないですか!

iTunes-2.jpg

これはちょっとした事件でして、この方CDはいっぱいリリースしているんですが日本盤はまず存在せず、必ず輸入盤になります。なので取り扱ってるお店もネットショップですら限られてくるんですよね。

どうやらNeal Morse, The Neal Morse Band両方から主要曲を除いてほぼ全曲の配信が停止されているようで過去ライブ盤などもことごとく停止状態。

音楽ストリーミングサービスで一度配信されていたものが停止する理由は著作権の問題や権利者による停止要請がだと思っていますが、Neal Morseはソロから自社レーベルを立ち上げていますのでなんらかの事情があって本人から停止したと思わざるを得ません。

僕はそんなソロアルバムを3枚持っているんですがApple Musicのおかげで手の届かないところまで気軽に聴けて非常に助かっていました。ですが彼を嗜むものとして、またプログレをブログに書いてお伝えする身としてかなりの打撃です。



 

アルバムを揃えることを決意


嘆いても仕方ないので遅かれ早かれやらなくてはいけないなと思っていましたが本格的にアルバムを揃えようと決意しました。

IMG_4903.JPG

手元にあるソロアルバムは現在、「ONE」「Sola Srtiptura」、そしてiTunes Storeで買った「Momentum」。まず手始めにAmazonで「Lifeline」を安く購入しました。


Lifeline

人の心理で、もうなるべく安く手に入れたいと思うのは当然なのですが、CDを現物で買うと嵩張るという問題もあるのでiTunes Sotreからダウンロードするのも視野に入ってきます。ですがこのダウンロード購入もちょっとした罠が。

ダウンロードで購入したアルバムは曲間が途切れる?


ライブ盤なども買えるStoreですが曲を聴いているとたまに「曲の前後が繋がりトラックが切り替わる」ということもあると思います。ですがStoreで買ったアルバムはデータ管理の関係でそこが一瞬プチっと途切れるのではないかという懸念があったのです。

Apple Musicの時はそんなこと一切なかったし、Neal Morseはコンセプトアルバム主義なので繋がってる曲も多い…意を決して一枚ダウンロードしてみることに。

iTunes.jpg

買ってみました。早速聴いてみる。

あ、今一瞬途切れた!笑

う〜む、やはりダメか…しかしここで諦められるわけはありません。とりあえずいそいそと調べ物。

過去の仕様「ギャップレス再生」とは


昔のバージョンのiTunesには「ギャップレス再生」という仕様があったらしく、これは音楽を聴く際曲の前後に2,3秒の空白を自動的に挿入するというもの。ライブ盤などで音が途切れてしまうときにこの「ギャップレス再生」をオンにすることで元どおり聴けるようになるらしいです。

ですが、現在リリースされているiTunesのバージョンではこの「ギャップレス再生」はなくなり常時オンになってるとか。ここは僕がどうこうできる部分ではなさそうです。

試しにCD-Rに焼いてみました。こっちの方がもっと音飛びがひどいです笑

あとできることは限られるなぁと思っていたら…

MacではなくiPhoneの方では全く途切れることなく再生できました!

結論


そしてなぜか先ほどまで途切れていたMac側でもちゃんと途切れず再生されたのです!ここにどんな差があったのか全くわかりませんが、ダウンロードだから曲間の整合性が取れるまでに時間がかかったということなのか、曲間を調べる際トラックの切り替わる3秒前くらいまでシークバーを進めていたのでファイルの読み込みが追いつかなかっただけかもしれません。

斯くして散々騒ぎ立てた甲斐があったのか無事Neal Morseを楽しめています。これで安心して残りのアルバムもダウンロードできます!

広告

関口竜太

東京都出身。 ​14歳でギターを始め、高校卒業と同時にプロギタリスト山口和也氏に師事。ロックやメタルに加え、ブルース、ファンク、ジャズなど幅広い演奏や音楽理論を学ぶ。 プログレッシブロック/メタルの大ファン。自身が企画するプログレッシブ・ロックプロジェクト「Mind Over Matter」を展開中。

あわせて読みたい

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。