広告

オペラ的プログレNative Construct。1stアルバムから完成されすぎている!

おはようございます、ギタリストの関口です。

先週がお店の特売期間だったため非常に忙しく、ですが働きスイッチがオンのまま突っ走れたのでよかったのですがお休みになったとたん切れてしまい、今ひとつ身が入らなかった休日です。やっぱり人間何か動いてないといきなりは動けないということですね。

今日はこちらのアルバムをご紹介。

Quiet World / Native Construct

Quiet World(Amazonはこちら)

このブログでも名前はちょこちょこ出していたかもしれません。Native Constructは、アメリカのプログレッシブ・メタルバンド。2015年にリリースしたこのファーストアルバムはとても話題になりました。

メンバー


メンバーはRobert Edens(Vo)、Myles Yang(Gt)、Max Harchik(Ba)のトリオでバークリー音楽院出身。先日ご紹介したA.C.Tのミュージカル要素さながら、クラシックやオペラのような音楽も融合したオリジナリティの高いバンドです。

音楽性


現代のプログレッシブ・メタルの形と形容するにふさわしいサウンドです。先に述べたミュージカルのようなシンフォニックを基調としつつ、Djent特有の歯切れのよいギターとつかみどころのない変拍子やコミカルな曲展開が特徴です。ボーカルもクリーンとデスヴォイスを使い分け時に激しく時にセクシーに、そしてエモーショナルで自由な表現力の巧さに圧倒されるばかりです。

個人的にオススメはラストソング#7の「Chromatic Abettation」。その前のインスト曲「Chromatic Lights」からテーマが繋がった12分半の大作でこのバンドの魅力や語るべき要素が一気に詰まった超完成度の出来です。次は何が飛び出してくるのかとてもワクワクします!



広告

関口竜太

東京都出身。 ​14歳でギターを始め、高校卒業と同時にプロギタリスト山口和也氏に師事。ロックやメタルに加え、ブルース、ファンク、ジャズなど幅広い演奏や音楽理論を学ぶ。 プログレッシブロック/メタルの大ファン。自身が企画するプログレッシブ・ロックプロジェクト「Mind Over Matter」を展開中。

あわせて読みたい

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。