広告

顕生代の創世。大作志向の実験的ポスト・メタルバンドThe Oceanの最新作をレビュー!

おはようございます、ギタリストの関口です。

現在、年に一度のDTM音源セール「ブラックフライデー」が開催されています。これはDTMをやっている方なら要チェックで普段何万もするプラグインや音源が25%〜100%まで(!)セール特価になっているもの。先日パソコンを新しくした僕にも優しい大胆ウィークです。

hybrid3_weblarge

今回一押しのシンセ音源hybrid3、無料です!

ダウンロードはこちら

mellotron-screenshot-1

プログレには欠かせないメロトロン。こちらも無料配布でございます。

ダウンロードはこちら

他にもドラム音源BFD3が50%OFFだったりアナログコンプが60%OFFとか70%OFFとかとにかく破格です。これを先導して情報サイト運営してくれているゆにばすさんというTwitterユーザーさんがいますので是非チェックを!

Computer Music Japan



Phanerozoic I: Palaeozoic / The Ocean

a1923797465_10.jpg

さて、僕も最新のプログレを紹介しないといけませんね。The Ocean(ジ・オーシャン)は、ドイツのエクスペリエンス・ポスト・メタルバンド。「experience」の意味するところはつまり「実験的な」ということになります。今月リリースされたばかりのこのアルバムは、2004年のデビューから7枚目を数えるオリジナルアルバム。意外にも付けられている邦題は顕生代~破壊と創生 第一部:古生代

メンバー


  • Loïc Rossetti
  • Jona Nido
  • Robin Staps
  • Louis Jucker
  • Luc Hess
  • Nils Lindenhayn

(Wikiより抜粋)

メンバーのNils LindenhyanはVJと呼ばれる、音や映像をアシストするDJに近いパートになります。このVJの活躍によってただのメタルとは形容しがたいニューエイジな香りを漂わせてくれます。

デスとクリーンが調和するクラブ的サウンドメイク


さてその気になる音楽性ですが、基本はデスボイスとクリーンボイスを使い分けるメタルコアとも呼べるサウンド。スピード感はなく変拍子も絡めながらダウナーにずしずしと攻めるメタルです。轟音に身を委ねて揺れるノリがクラブミュージックに近いと思います。曲は長めで9分を超えるものも珍しくはありませんがアルバム全体では50分程度とコンパクトに凝縮されています。

途中、エフェクターなのかプロダクションによる加工なのか、ディストーションを超えデジタルノイズに近いギターが特徴的です。3曲目「Ordovicium: The Glaciation of Gondwana」ではMegadethの「Hanger 18」を思わせるリフパターンも聴きどころ。ギターソロはほぼ皆無です。

おそらく何かしらのコンセプトをもってしているこのアルバム。パート2となる次回作は3年後だそうです。デスボイス系のメタルを久しく聴いていませんでしたが非常にすんなりと受け入れられました。

広告

関口竜太

東京都出身。 ​14歳でギターを始め、高校卒業と同時にプロギタリスト山口和也氏に師事。ロックやメタルに加え、ブルース、ファンク、ジャズなど幅広い演奏や音楽理論を学ぶ。 プログレッシブロック/メタルの大ファン。自身が企画するプログレッシブ・ロックプロジェクト「Mind Over Matter」を展開中。

あわせて読みたい

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。