全部わかる?ジョジョから学ぶプログレ

こんにちは、ギタリストの関口です。

ご覧の通り僕はプログレが大好きで、次いつ他の音楽にハマるかはわかりませんがしばらくこのジャンルの奥深さや、実は扉を開けて待っていてくれる敷居の低さもあるんだよということを伝えていきたいです。

同時に漫画「ジョジョの奇妙な冒険」の大ファンでもあります。現在アニメ第五部も放送中です。この漫画、ご存知の方も多いですが登場人物やスタンドと呼ばれる超能力を具現化したヴィジョンの固有名詞などに著名なミュージシャンやバンド名、その曲が使われています。その中で原作者荒木飛呂彦先生のご趣味でプログレも多く、今日はそれらをいくつかご紹介したいと思います。

JOJOとは


ジョジョの奇妙な冒険は1987年に週刊少年ジャンプで連載された漫画です。現在は月刊ウルトラジャンプにて第八部「ジョジョリオン」が連載中。

19世紀末、イギリスの名門ジョースター家の跡取りジョナサン・ジョースターと養子として入ってきながら一族の財産を乗っ取ろうと企むディオ・ブランドーとの戦いが皮切りとなり以降子や孫、世代や舞台を超えて血による因縁が続く超大河物語となります。ジャンルは一言で言えばアドベンチャー・サスペンス・ホラー。テーマは人間賛歌

各舞台や時代、主人公が変わるたび「部」をまたぐという演出はプログレ好きな荒木先生の嗜好がよく現れていて、時代や世界を超えても人間関係や因縁などが奇妙に繋がり、魅力的な登場人物の思考や信念、覚悟といった言動が読者を常に惹きつけます。

そんなJOJOに登場するプログレな登場人物たちです。

スポンサーリンク

タルカス

第一部「ファントムブラッド」に登場する過去の英雄タルカス。心まで仕えた君主メアリー・スチュアートを敵対側に囚われ自らの処刑を条件に解放へ乗り出すが処刑時、君主メアリーがすでに殺されていることを知り処刑され、その恨みを持った悲しき吸血鬼。元ネタはEmerson, Lake & Palmerのアルバムおよび楽曲「Tarkus」。ジャケットの戦車のようなアルマジロがタルカスです。

 クレイジー・ダイヤモンド

第四部「ダイヤモンドは砕けない」から、主人公東方仗助のスタンド「クレイジー・ダイヤモンド」。殴ったものやエネルギーを元の形へ直す能力を持っています。元ネタはPink Floydの9部構成の楽曲「Shine On You Crazy Diamond」。なおスタンド名は海外では著作権に触れるため「シャイニング・ダイヤモンド」とされています。

エコーズ

同じく第四部より広瀬康一のスタンド。由来はPink Floydの23分に及ぶ楽曲「Echoes」から。ACT1〜ACT3まで変化し擬音を貼り付けそれと同じ効果を得たり、対象を重くするといった能力を持ちます。海外では「リバーヴ」。

アトム・ハート・ファザー

第四部のボス吉良吉影の父親吉良吉廣のスタンド。こちらも元ネタはPink Floydの大作「Atom Heart Mother」。原子心母という邦題の方が馴染みが深いかもしれません。本体は死亡しておりその霊が写真に乗り移った存在。

ムーディー・ブルース

第五部「黄金の風」に登場するレオーネ・アバッキオのスタンド。対象の過去の出来事を再現し追跡できる能力です。元ネタは60〜70年代に活躍したプログレッシブロックの草分け的バンドThe Moody Bluesより。メロトロンをいち早く使ったバンドとして有名です。海外でのスタンド名は「ムーディー・ジャズ」。

超像可動 「ジョジョの奇妙な冒険」第五部 57.ムーディー・ブルース (荒木飛呂彦指定カラー)

ソフト・マシーン

第五部の初期に出てくる敵スタンド。物や人を針で刺しペラペラにする能力。この戦いで読者は「みゃーみゃー」鳴くのはカモメではなくウミネコだと知ります。元ネタはイギリスのカンタベリー・ロックの代表的なバンドSoft Machineより。

クラフト・ワーク

ソフト・マシーンとほぼ同時に登場する敵のスタンド。触れたものをいくつでも空中に固定させることができる能力です。序盤に登場する割には強力なスタンド。ドイツの前衛音楽バンドKraftwerkが元ネタ。

キング・クリムゾン / エピタフ

言わずと知れた五大プログレバンドの一角King Crimsonが元ネタ。ジョジョでは第五部のラスボスディアボロのスタンドとして時間の過程を省略し結果のみにたどり着く無敵の能力として登場します。ディアボロは二重人格、もう一つの人格であるドッピオには同バンドの楽曲「Epitaph」から予知のスタンド能力が与えられています。

今回は特にプログレが専門と呼べるバンドや楽曲を紹介しましたが、他にMetallicaQueenDeep Purpleなどプログレからの影響が強い元ネタも多数存在します。そちらも機会があれば!

関口竜太

東京都出身。 ​14歳でギターを始め、高校卒業と同時にプロギタリスト山口和也氏に師事。ロックやメタルに加え、ブルース、ファンク、ジャズなど幅広い演奏や音楽理論を学ぶ。 プログレッシブロック/メタルの大ファン。自身が企画するプログレッシブ・ロックプロジェクト「Mind Over Matter」を展開中。

おすすめ

1件の返信

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。