広告

入稿作業の完了 / The Flower Kingsの大作を紹介

こんにちは、ギタリストの関口です。

昨日、ようやく秋M3で出すCDの入稿が済みまして、一仕事終えられた感じがします。あと三週間弱、まだまだやることが多いので気は抜けないのですが。

もうこの「入稿作業」というのもだいぶ手慣れてきて、ジャケットやレーベルのデザインも含め三日くらいで終わらせたんですけど、肝心の音源をCDに焼くためのDPP処理というのは今尚もって僕にはできません。

他には簡易的なミックスだけでもちょっとずつこなせるようになりたいのですが、未だに演奏者の枠を出られていない気がして、今後はそこも一つ課題かなと思います。環境は整ってるし知識はついて来ているはずなのであとはひたすら実践しながら耳を鍛えたいですね!


今日は気分的にこちらを聴きたかったのでご紹介。

The Flower Kings / Numbers

bank of eden.jpg

The Flower Kingsは、スウェーデンのプログレッシブ・ロックバンド。このブログでもおなじみ、ギタリストのロイネ・ストルトのソロプロジェクトから昇華したバンドです。

25分を超える大作「Numbers」が収録されたこちらは11枚目のアルバム「Banks Of Eden」(2012年)。フラキンのどれもがイメージさせる幻想的なジャケットの通り、こちらも心地よいまでのプログレッシブ・ロック。重厚なサウンドとロイネの泣きのギター、なにやら怪しげな雰囲気の歌メロも終盤でしっかりコードワークを展開することでエモーションに引き込んでくる会心の出来です。

Transatlanticにも参加しているロイネですが、あそこでの楽曲がニール・モーズだけのものじゃないというのが聴いて再確認できます。フラキンに関しては実はまだそこまで詳しくないのでぜひおすすめのアルバムがあれば聴きたいです!

広告

関口竜太

東京都出身。 ​14歳でギターを始め、高校卒業と同時にプロギタリスト山口和也氏に師事。ロックやメタルに加え、ブルース、ファンク、ジャズなど幅広い演奏や音楽理論を学ぶ。 プログレッシブロック/メタルの大ファン。自身が企画するプログレッシブ・ロックプロジェクト「Mind Over Matter」を展開中。

あわせて読みたい

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。