ネオプログレバンドEnchant。メロディアスなアメリカンロックとプログレらしいテクニカルが同居していて聴きやすい!

おはようございます、ギタリストの関口です。

お盆をすぎたら一気に秋らしい風が吹きまして今朝はランニングに外へ出たら少し肌寒いくらいでした。汗ばむような陽気もあと1ヶ月くらいですかね。

しばらくプログレ紹介していなかったので今日はこちらをご紹介!

 

The Great Divide / Enchant

91vYeWzxPaL._SX522_.jpg

Enchant(エンチャント)は、1989年から活動しているアメリカのプログレッシブ・ロック/メタルバンド。

 

音楽性


結成当初のオリジナルメンバーはギターボーカルのDouglas A.Ott(ダグラス・オット)のみ。メタルと呼ぶにはザクザクと刻むギターは抑えめでボーカルとメロディラインに重点を置いているのが特徴で、逆にロックと言いきってしまうのは惜しいくらいアグレッシブでダークなので時折ネオ・プログレッシブ・ロックとも評されるバンドです。

楽曲の傾向としては、アメリカンプログレとして名高いRush(カナダ)やDream Theaterの空気を存分に受けつつもMarillionの叙情性、QueensrycheShadow Galleryのようなメロディアスさがあります。コーラスが分厚くダークで叙情的だけれどもメロディアス、そんな感じでしょうか。

 

11年ぶりのアルバム


今作は彼らにとって実に11年ぶりにリリースされた2014年作で、前作Tug of Warに比べるとプロダクションの面でも音に厚みが出ています。先ほども言ったようにアメリカンロックらしいメロディアスなボーカルラインと相反するように間奏ではメタルらしい速弾きが登場したり10/8、11/8といった変拍子の溢れるアイディアが飛び出してくる、知名度のわりにはプログレの入門編としてもオススメできるアルバムです。

 

関口竜太

東京都出身。ギタリスト、音楽ライター。 ​14歳でギターを始め、高校卒業と同時にプロ・ギタリスト山口和也氏に師事。 プログレッシブロック/メタルの大ファン。自身が企画するプログレッシブ・ロック・プロジェクト「Mind Over Matter」を展開中。2021年から『EURO-ROCK PRESS』にてライター業、書籍『PROG MUSIC Disc Guide』にも執筆にて参加。

おすすめ

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。