猫のいる生活とクリムゾンのCat Food

おはようございます、関口です。

台風の影響で朝から雨です。隅田川花火大会はあくる日へ延期だそうで賢明だと思います。これから午後には伊豆諸島・東京へ近づいてくるということでお出かけの方はお気をつけてください。僕もバイクでコケないように気をつけます!

 

Cat Food / King Crimson

221028851

In The Wake Of Poseidon(邦題:ポセイドンのめざめ)は、King Crimsonが1970年に発表したセカンドアルバム。KCと言えばファーストアルバムにはベースとボーカルとしてEL&Pのグレッグ・レイクがいましたがこのアルバム製作前に脱退しています。

そんなアルバムに先立ちリリースされたのが今日ご紹介するCat Food。「クリムゾン・キングの宮殿」で見せたような彼ららしい複雑でマイノリティな楽曲とは違い、なかなかポップに仕上がっています。テーマのメロディがわかりやすいのは偉人に対して失礼かもしれせんがさすが。でも歌メロはどことなくEL&Pを意識してる気もしますね。ベースラインはThe BeatlesのCome Togetherにも近いです。

そんなCat FoodですがKCで唯一テレビ出演を果たした功績のある曲で映像はYouTubeで確認することができます。

 

ずっと猛暑が続いていたので久々の雨と涼しい空気でちょっと癒されますね。連日の作業も捗ります。そして集中力が切れたあたりで猫を撫でてこれまた癒される・・・

関口竜太

東京都出身。 ​14歳でギターを始め、高校卒業と同時にプロギタリスト山口和也氏に師事。ロックやメタルに加え、ブルース、ファンク、ジャズなど幅広い演奏や音楽理論を学ぶ。 プログレッシブロック/メタルの大ファン。自身が企画するプログレッシブ・ロックプロジェクト「Mind Over Matter」を展開中。

あわせて読みたい

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。